東京都内の駅に車で送迎に行く際の注意点|駅近辺で停車がお勧め

東京都内には大型の駅が沢山ありますし、電車や地下鉄など、世界でもトップクラスの交通網が用意されていますので、電車やモノレールが沢山走っています。

その為、地方とは異なり、どこに行くにも電車で快適に移動する事が可能です。

もし、電車の駅が近くにない場所でもバスが必ず走っていますから、駅前からバスに乗り換えて、そのまま目的地に移動するような感じでしょうか?

スポンサードリンク




これだけ公共の交通網が発達してますので、東京では車の保有は必要ないと言っている方もいらっしゃるのですが、そういった方は恐らく東京で車を保有したことのない方ではないでしょうか?

東京都内では、車があると大変便利に移動が出来ますから、東京では車が必要ないと言ったことは全くありませんが、駐車場が高すぎる為、それを支払えるだけの経済力が必要になります。

 

東京で車を保有する際のネックは駐車場代のみで、その他は逆に割安。

 

駐車場代の相場ですが、安くて一ヶ月30000円位から、高くて一ヶ月120000円位が目安ですが、都心部であれば、大抵は一ヶ月50000円位でしょうか?

余談ですが、駐車場代に関しては、家賃とは異なり消費税がかかりますので、消費税が10%になれば、10%分の税金を支払わないといけませんからご注意ください。

確かに都内の駐車場代はとても高いのですが、それ以外は地方よりも安いくらいですし、税金や保険なども地方と変わりませんので、使い方によってはそれほど費用も関わらず利用することが可能です。

早い話が営業車両扱いにしておけば、その按分で区切った割合を経費に出来ますし、法人名義の車両であれば全てを経費で計上出来ます。

東京で車を利用するには、ちょっと頭を使う必要があったり、何か工夫をして使わないと、駐車場代でギブアップすることになりますが、その辺りはうまく利用するほど、低コストで運用することも可能です。

 

東京の主要な駅に友人等を送迎する際の注意点とは?

スポンサードリンク




 

あればとても便利な車ですから、友人等がご自宅に遊びに来る際には、駅まで送迎をしたりとかする人もいるかもしれませんし、駅から若干離れているとか、路線乗り換えが面倒な場合は、車で駅まで送迎をしたほうが喜ばれます。

しかし、日常的に東京都内の駅に送迎にいっているタクシードライバーのような方ならいざ知らず、東京都内に住んでいても、殆ど駅に車で行ったことがない方の場合は、注意が必要になりますので、そちらについてご説明します。

東京都内の主要な駅に車で送迎に行く場合は、頻繁に車で訪問している駅を除き、駅の出口付近に行くのはやめたほうがよく、ある程度の場所を見つけて車を止めて、そこまで来てもらったほうが良いと言った話です。

なぜかといえば、都内の主要な駅というのは年中工事をしているような場所も多くて、駅前のロータリーなどは、タクシー専用のレーンもあり、間違えてそちらに入ると余計なトラブルに巻き込まれることが多くなるからです。

また、駅前のレーンというのは標識なども大変わかりにくくて、カーナビでもわかりにくい事が殆どですから、実際に車でその場所にいった事がない人の場合は、面倒なトラブルになることもあります。

駅によっては、指定の時間内において、車両の通行が禁止されているような駅もありますし、運転がなれていない人であれば、路駐をしている違法な車が沢山あり、運転が難しい場所も多いのです。

何度も、その駅に車で行ったことがある人以外は、駅の近くまででしたらカーナビで行くことは出来ますので、近くについたら必ず、車を寄せて停車できる広さが東京の主要な駅の近くの道路にはありますから、そちらで待機しつつ、友人にそこまで来てもらうとスムーズに送迎をすることができます。

東京駅、品川駅、新宿駅、渋谷駅など、東京都内の大きな駅ほど、慣れていない人は車で駅の出口前まで行かないようにしておいたほうが無難です。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月23日 — 5:18 AM