Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

家賃10万円以上ならタワーマンションがお勧め|東京23区

地方から東京に引越しをして、東京で生活をするようになった場合、多くの人がなるべく家賃が安くて駅に近く、築年数が新しいオートロックのついたマンションを希望することになるかと思いますが、それらを満たした物件は必ず高額になります。

その為、予算にあわせて適切な物件を選ばないといけない訳ですが、もし予算が10万円以上確保できる人であるなら、都内住む場合はできれば、タワーマンションを選択することをお勧めいたします。

その逆で家賃が10万円以下でないと予算の都合がつかない人はタワーマンションは全くお勧めできませんので、会社や学校などへの移動の利便性が良い物件を探すことがお勧めになります。

スポンサードリンク




 

 

家賃10万円以上ならなぜタワーマンションがお勧めなのか?

 

では、家賃10万円以上支払える人であるなら、なぜ都内住む場合はタワーマンションがお勧めなのかといえば、いろいろと理由があるのですが、最初の理由はタワーマンションの場合、立地条件が良い場所に建設されていることが多いからです。

タワーマンションの性質上、都内の単価の高い土地を有効利用する為に、高さで空間を稼いでいることがほとんどですから、駅直結であったり駅の目の前であったり、都心の地価が高い土地ほど、タワーマンションの建設に向いていることが挙げられます。

実際、都内のタワーマンションを見てみればわかりますが、一部例外があるとはいえ、どのタワーマンションも立地が良い場所に積極的に建設されており、そこで生活をすれば、あらゆる行動がスムーズに行えるというメリットがあります。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


通勤が楽になったり、品川駅前なら新幹線や山手線の移動が楽になるなどですね。

一般の人は通勤の際にも、どこかに出かける場合でも、移動手段として電車を使いますから、駅に近いと便利ですし、多くの人が集まるタワーマンションの近くには、大型スーパーなども合わせて営業していることが多く、買い物をするにしても大変便利です。

 

 

富裕層の人たちは閑静な住宅街にある低層マンションを選ぶことが多い。

 

余談ですが、東京都内の高額な低層マンションは利便性が良い場所ではなくて、閑静な住宅街に集中的に建設されていることが多く、駅からも遠くて不便に感じるかもしれませんが、電車を使わない富裕層の人しか住めないので、全く価値観が異なります。

一般庶民からすれば、駅に近くて繁華街のど真ん中にあるようなタワーマンションの方が利便性が良いことが多いのですが、富裕層の人たちは静かで首都高や駅が近くにないような生活優先の環境を選ぶのが対照的です。

タワーマンションでも富裕層向けの高額な物件もありますが、タワーマンションの場合、全ての部屋が高額物件であることは殆どありませんので、最上階のペントハウス等を除き、頑張れば庶民でもなんとか契約できることが多いのです。

例外的なのは、六本木ヒルズレジデンスや虎ノ門ヒルズレジデンスのような、全ての部屋が高額なタワーマンション位であり、大抵は立地が居場所でもタワーマンションの場合、家賃9万円から20万円もあれば、契約できる部屋が用意されてます。

予算が10万円以上なら、最初はタワーマンションに住んでみて、そのうち出世してきたら、閑静な住宅街の低層マンションに引っ越すのが、人生うまくいっている人のライフスタイルでしょうか?


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年2月22日 — 1:49 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme