タワーマンションと子供の騒音|想像以上に騒音が響く

地方にはあまりなくて東京には沢山あるものとして、誰が見ても一目で判断できるのがタワーマンションになる訳ですが、地方でよく観れるアパートと比較してタワーマンションは巨大ですから、全てにおいて頑丈そうに見える事になります。

その為、地方などから初めて東京のタワーマンションに引っ越した人が結構やってしまうトラブルが騒音の問題であり、タワーマンションだから防音性能が高くて何をやっても良いと言った感じで生活をしていると、いろいろなトラブルに発展する事になります。

その中でも、子供の騒音というのは自分の部屋以外には相当響く事が多くて、最初は子供の騒音だからかと我慢していた人たちも、それがあまりに長期間において朝から晩まで発生する様になると我慢が出来なくなってしまうこともある訳です。

スポンサードリンク




 

子供が出す騒音は同居の大人は気がつかない事が多い。

 

大人が意図的にドラムを叩いているとか、ギターを弾いている騒音とは異なり、子供が出している騒音というのは親が気がつかない事が多いですし、それを我慢している人も苦情を入れてくるときには我慢の限界を超えている訳で、後々トラブルの火種になりかねません。

ですから、タワーマンションであっても防音性能が高い物件以外は、音が響きやすいことを理解した上で、見た目が頑丈そうに見えるから、何をやってもいいではなくて、なるべく騒音を出さない様にしておいたほうが良い訳ですね。

田舎の一戸建ての場合は、問題なかった騒音であっても、多くの人が生活をしているタワーマンションの場合は、同じことをやってもそれが騒音になる事がありますから、騒音トラブルを気にしないのであれば、やはり東京でも一戸建てを選ぶのが適切です。

スポンサードリンク




 

最も多い騒音トラブルが子供が飛び跳ねる際の衝撃音。

 

子供というのは、とても元気ですから部屋の中であっても走り回ったり、飛び跳ねたりと、一日中どこでも活発に行動している事が多いのですが、その際に部屋のベッドからフローリングなどに飛び跳ねて遊んでいる事がよくあります。

別に一戸建てであれば問題はないのですが、タワーマンションの場合は、それなりにしっかりしている建物であると言っても、飛び跳ねたりする衝撃音はそれなりに響きますし、太鼓効果と言って、建物全体に騒音が響くこともあります。

これ、自分の部屋にいるとそれほどの騒音でないと感じる事が多いですし、田舎の一戸建てで生活をしている人であれば、尚更それくらいの子供の騒音は普通なのかもしれませんが、全く関係ない他人から見れば迷惑行為以外の何物でもありません。

物件によっては、子供が廊下を走っている騒音ですら他の階に響いてしまうこともありますから、基本、部屋の中では走らないとか飛んだり跳ねたりしないとか、当たり前のことなのですが、集合住宅の場合はそれ位は注意しておいたほうが良い訳ですね。

当然ですが、普通のアパートなどは更に騒音が響くのですけど、その様な物件の場合は親が注意する事が多くですし、飛び跳ねたりするスペースもなくて、神経質になっている為、子供以外が気がつかずに他の部屋の人に迷惑をかけてしまうことはあまりありません。

タワーマンションは見た目が巨大で頑丈そうですから、何をやっても音が響かないと認識してしまうこともあるのですけど、全ての物件が防音性能が高い訳ではありませんから、事前に防音性能を管理会社に確認をして物件を決めておくのも一つの判断になります。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年4月26日 — 8:20 AM