ペントハウスタイプのマンション

ペントハウスは人気物件

ペントハウスと聞いてもピンとこない方もいらっしゃると思います。

それも当然で、地方ではこのタイプのマンションは殆どありません。

スポンサードリンク




それではペントハウスとはどのようなものなのでしょうか?

実際のペントハウスタイプのマンションは、間取りで言えば1LDKタイプのものが多くなります。

ただし、極端に広い部屋の間取りになります。広さで言えば200平米クラスの1LDKです。

基本的にはパーティー用で使う様な部屋ですから、玄関も二つ以上あり、一般的な方が借りる様なタイプのマンションではありません。

スポンサードリンク




また、ペントハウスは殆どがマンションの最上階に位置する事が多いです。

その為、天井も相当高い作りになっています。

東京は、どこにいてもタワーマンションが目に入ると思いますので、最上階部分を見てみて下さい。

殆どのタワーマンションが、最上階部分は天井がかなり高くなっているはずです。

その天井が高い作りの最上階部分の中でも、特別広い部屋、広い間取りで作られた部屋がペントハウスタイプのマンションになります。

自宅で100人規模のイベントを実現できるマンションだと思えば、早いかもしれません。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年3月12日 — 12:07 PM