Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京でプレジャーボートを所有すると係留費用が高い

地方から東京に引っ越しをする場合、車の売却をするしないで悩む人は大変多いと思いますし、実際に車を一括査定で複数の買取業者に見積もり査定を依頼して、なるべく高く車を売却してから東京に引っ越す人、そのまま車を持って引っ越す人がいます。

その際に、東京に車を持っていった方が良いかについては、当然車を持って引っ越した方が良くて、実際には東京こそ車がったほうが移動が便利になる事が多いのですけど、駐車場の料金があまりに高額な為、それに見合った価値が引き出せるかになります。

車の移動ですら東京に引っ越す際にはこれほど悩む人が沢山いるんですけど、地方ではプレジャーボートを所有している人もいて、東京に引っ越す際にプレジャーボートも持っていくかどうか迷った場合はどうすればよいのかと言った相談になります。

スポンサードリンク




 

 

東京でプレジャーボートを所有すると係留費用が高い。

 

地方では係留場所によってはタダ同然でプレジャーボートを係留できる場所もありますし、有料のマリーナであってもそれほど高い係留料金はかかりませんけど、東京の場合場、マリーナ自体が殆どなくて、夢の島とか勝どき位にしかマリーナはありません。

小型のマリーナでしたら江戸川付近などにもあるのですが、大凡27フィート以下のプレジャーボートしか保管できないことや、東京都心からかなり遠い場所にあること、車で現地に行くにしても渋滞の中移動しないといけないこと等利便性はイマイチです。

大抵の人は車での移動が便利な夢の島マリーナにプレジャーボートを係留するとになるのですが、夢の島マリーナの係留料金は実寸サイズで32フィート以下のプレジャーボートが年間90万円位の係留費用になっていて、地方と比べるとかなり高いです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


25フィートのプレジャーボートでも年間78万円の係留料金が発生しますから、高いと言っても東京の高級マンションの駐車場代が1ヶ月10万円とかになっていますから、それらと比べれば全然安いのでしょうけど、普通の人の感覚では相当高額ですね。

 

 

東京に引っ越す際にはプレジャーボートは費用がかかるのでどうする?

 

実は夢の島マリーナ等では係留費用については個別に交渉をすれば、かなり安くなるとの噂がありますので、交渉が得意な人は交渉しても良いのかもしれませんが、一般的には公式サイトで公開されている費用が必要になるのは当然の話しですね。

東京に引っ越しをする際には、プレジャーボートを持っていくかいかないかについては、係留費用の問題が発生しますので、車を持っていくかどうかについて悩んでいるのであれば、プレジャーボートは持っていかないほうが無難といえます。

東京のマリーナにも係留料金が払えなくなってオーナーと連絡がつかないボートがいくつかあるらしいとの噂話もありますし、儲かっている時にプレジャーボートを購入したものの、その後に事業が悪化してしまい、格安でボートを手放す人もいますからね。

32フィートのサイズを超えるプレジャーボートを係留する場合は、年間の係留費用が極端に高くなり100万円から200万円位の係留費用が必要になってきますし、25フィートのプレジャーボートでも年間78万円の係留費用が必要になるのが東京です。

係留費用を安定して払える人だけがプレジャーボートを東京に持っていったほうが良くて、その場合は専門業者に陸送を依頼すれば余程巨大なプレジャーボート以外はそのままマリーナまで運んでくれますので、どうするかはお財布次第と言えるでしょうか?


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月1日 — 1:54 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme