タワーマンションの一人暮らし|防音効果は高いの?

地方でよく見かける様な普通の低層アパートであれば、実際、防音効果は殆どなくて、隣の家で話している声とか、テレビを見ている際の音声、その他の生活音が絶え間なく響いてくる為、集合住宅の場合はとても気を使います。

ですから、地方の場合でしたら、集合住宅よりも一戸建ての方がプライバシーも保てますし、そこら中に一戸建てが建てられていますので、家賃も安く庭付きの一戸建て住宅を賃貸契約できることが殆どです。

 

地方の場合は一戸建て住宅が基本なので騒音に悩むことが少ない?

スポンサードリンク




 

大抵、地方の場合でしたら一戸建てであっても3万円から6万円くらいで、そこそこの住宅が借りれることが多いですから、それで車を駐車できる庭がついている様な物件であれば、それこそ何ひとつ困ることがない訳ですね。

私の地元では家賃が10万円も必要になる物件を探しても、その様な物件自体が存在していませんので、大抵は5万円以下の家賃であるとか、自分の親族などが所有する物件で生活をしています。

しかし、東京になると一戸建てに住むこと自体が殆ど不可能ですし、そんな物件を選んだものなら家賃はびっくりするほど高額になりますし、防犯上の問題もありますので、経済的事情から集合住宅、いわゆるマンションを選ばざるおえない人が大半になります。

 

住めるのであれば代官山とか広尾の一戸建てが良いに決まっています。

 

誰でもそうなんですけど、代官山とか広尾の一戸建てで生活ができるのであれば、そちらの方が良いに決まっているんですけど、必要になる費用が桁違いですから、これから一人暮らしをしようとしている人が住める様な一戸建て物件はまずありません。

スポンサードリンク




そんな訳で、東京で集合住宅にて生活をするのであれば、せっかくですから地方には見られない様な巨大なタワーマンションで生活をしたい人がいるのは当たり前の話なんですけど、実際にタワーマンションの防音効果はどうなんでしょうか?

タワーマンションといってもピンキリなので全てをひとまとめにすることはできませんし、その構造上隣の部屋の壁の素材には乾式の壁を使っていることが殆どになりますので、完全な防音設計ではありません。

ただ、その辺のアパートやマンションと比較すると、防音効果はかなり高いものがあり、夜中に洗濯機を回しても、テレビの音量を上げても、室内で軽い運動をしても周囲の部屋に音が漏れることは殆どありません。

 

一般常識がない人が近隣に住んでいる場合、どの様な防音住宅でも無意味?

 

音が漏れる様な状況というのは、部屋でジャンプをする様なドスン、ドスンと言った音を出す場合、ドラムやギターなどの楽器を演奏する場合、ゲームなどを大音量で楽しむ場合など、一般常識があればやらないことばかりですから、常識がある人だけしかいないのであれば、日常の生活音でトラブルになることもありません。

完全防音の部屋が欲しいのであれば、ラトゥール新宿を選べば完全な防音室が用意されている物件もありますし、建物全体の防音性能を求めるのであれば、六本木ヒルズレジデンスなどはかなりの防音性能がありますので、快適そのものになります。

まあ、そこまでいかなくてもタワーマンションを選んでおけば、騒音問題で悩まされる事は殆どありませんので、気になる方は優先的に選んでいく様にしておくと良いですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年10月4日 — 1:53 AM