Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京に引っ越す際には排ガスを想定して物件を選ぶべき人

地方から東京に引っ越しをする場合、実際に引っ越してからでないと分からないのが、空気の汚さであり、地方では絶対に有り得ない首都高速道路が都内全域に渡って張り巡らさせれていて、首都高速道路を毎日相当な車が走行している訳ですから・・・。

空気が汚れていると言っても、普通に多くの人が何事もなく生活をしているわけですから、人体に影響が出るなどではなくて、車が走行する分だけ排ガスが出る訳であり、他の人は大丈夫でも、その排ガスが沢山出ている環境が駄目な人は要注意なのです。

特に喘息を持っている人の場合、東京で生活をする場合は首都高速からなるべく離れた物件を選んで引っ越しをするとか、ベランダから首都高速が見えるような物件はやめておくとか、出来れば凄まじい排ガスが出ることを想定して物件を選ぶのが無難です。

スポンサードリンク




ベランダの目の前に首都高速が走っている物件の場合、網戸があっという間に真っ黒になりますから、何もしなくてもそれだけの排ガスやチリ等が飛び散っているということですから、首都高速から遠く離れた物件を選ぶことになるのですが、案外難しいです。

 

 

東京は高級住宅以外は大抵首都高速が近くを走っています。

 

実際に東京に引っ越しをしようとして物件を探し始めると分かるんですが、大抵はどの物件も近くに首都高速道路が走っていて、首都高速道路から遠く離れた落ち着いている住宅街というのは高級住宅街であることが多く、その場合は駅も近くにありません。

その為、都会でありながらも落ち着いた生活が出来る環境があるんですけど、どれも高額な物件だらけなので、普通の人では家賃を払う以前に業者が契約すらしてくれない物件だらけですから、通勤が楽とか移動がし易い物件を選ぶと首都高速道路が・・・。

スポンサードリンク




その場合、あえて駅から遠く離れている通勤が面倒とか不便な場所を選んでおけば、意外に首都高速道路が近くになくて、引っ越してから直ぐには分からない排ガスの問題から解放される事がありますから、首都高速道路から離れる事を憶えておくと便利です。

普通の人であれば、東京に引っ越したら鼻毛が伸びまくって手入れが大変になるとか、大抵はそのレベルで終わるんですが、喘息を持っている人の場合、引っ越す場所によっては色々と不具合が出る可能性がありますから、空気環境を意識していきます。

 

 

喘息やアレルギーを持っている人は排ガスの空気の汚れもシビア。

 

一般的な人には全く関係のない話なのですけど、本当、喘息やアレルギーを持っている人の場合は、些細な環境の汚染状態でもシビアに反応する場合がありますから、環境のことを考えると東京に引っ越しをしないほうが良いのですが、色々と都合があります。

その場合、どうしても東京に引っ越しをしないといけなくなった場合、24時間フィルターを通した空気しか室内に入れない空調管理の徹底しているそれなりの物件を選んでおくか、若干、駅から離れて首都高速道路が近くにない物件を選んでおくと便利です。

東京に引っ越す前に喘息やアレルギーを持っていなかった人でも、あまり良くない首都高から排ガスやホコリが飛びまくっている環境に引っ越しをして生活をしていると、あ何かの拍子にアレルギーや喘息になったりすることもありますので、念のため・・・。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年6月15日 — 7:03 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme