Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

プライバシー重視のルームシェア物件について考える|東京で快適な生活

地方から東京に引っ越しをする場合に、案外知らない人が多いルームシェアに最適な物件について前回までにご説明しました。

プライバシーを最も重視したルームシェアの方法として、複数のトイレやバスがある物件を選ぶ事、玄関から別の空間になっているアネックスタイプの物件を選ぶ事についてご説明しましたが、これらの物件の致命的な欠点として以下の事が挙げられます。

プライバシーは守れても、一般的に見れば家賃が高い傾向にある、人気がある為、滅多に部屋が開くことがない。

スポンサードリンク




家賃が高い傾向にある問題については、複数の人でルームシェアをすることにより、ワンランク上の物件が契約できて、そこで得られるサービスや付加価値、安心感がおまけで付いてくる事を考えれば、高めの家賃もそうではないことに気がつきます。

ただ、最低でも15万円以上の家賃は必須になりますから、その半分の75000円の家賃が払えない人であれば、負担比率を変更してくれるような相手を探すか、相手の方に全額負担して頂く方法もあります。

東京では、めぞん一刻に出てくるアパートのような特殊な物件を除き、ワンルームであっても、家賃5万円を切る物件を探す方が難しい状態ですから、最低でも5万円の負担で、ルームシェアしてくれる人を探す手段もあります。

どこでもそうですけど、家賃の安い物件ほど、それに見合った人が生活をしていることも多いですから、生活基盤で安心感がある事は結構重要になりますので、高い家賃の安全性について、それをどう考えるかになりますね。

スポンサードリンク




どうしてもお金がない人の場合は、家賃2万円等で一つの物件をベニヤ板で仕切りを付けた状態で賃貸している物件もあるのですけど、このような物件に手を出してまで、わざわざ東京に引っ越す理由はあまりないかと思います。

東京で生活をしていて、事業に失敗して、帰る実家もない人であれば、最後のライフラインとして、最近問題になっているシェアハウスなどに居住することも致し方ないかもしれませんが、地方から東京に引っ越して、そこで仕事を始めようと思っている人であれば、こちらの選択肢自体がまずありません。

そうなると、自分に見合った家賃の安い物件を個人で契約するか、ランクの高い物件をルームシェアするかになります。

ルームシェアに適した物件というのは、本当に人気が高いので、そう簡単に部屋が開くことはありませんから、毎日根気よく空き部屋が出ていないかをチェックしないといけません。それが面倒である場合は、個人契約をされる方がお勧めです。

東京都内にも、ワンルームで古い造りの物件になりますけど、家賃5万円でそれなりにしっかりした物件はありますので、悪質な不動産とか仲介人に騙されないように、しっかりした不動産会社を見つけて、そちらで最初のスタートを切るのも良いかもしれません。

1)ルームシェアを行うとプライバシーが無くなる。

2)プライバシー重視の優良物件は、家賃も高めで人気も高い。

3)個人契約の場合は、支払える家賃の制限からグレードの低い物件になる傾向がある。

4)グレードの高い物件で、家賃を抑えて生活したい場合は、ルームシェアで解決することになる。

どれも一旦一丁ですが、まずは、ご自分の目的や予算に合わせて、検討していくのも良いでしょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年4月6日 — 2:54 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme