Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

どうすればタワーマンションに住めるのか?|年収300万円以上

タワーマンションに住む為には、安定して毎月10万円前後の家賃は支払えるようにしておかないと物件そのものがありませんし、仮に住む事ができたとしても家賃が支払えない為、すぐに引っ越さないといけなくなります。

この10万円というのは、タワーマンションの中でも一番安いワンルームタイプの部屋を借りた場合の家賃であり事実上の最低家賃になりますので、これすら払えないようではタワーマンションに住む事はできないのです。

その場合は、最低でも毎月10万円の家賃を支払えるようになるまで、もっと安い家賃が5万円前後のマンションで生活をしながら収入が上がるように日々頑張っていく事になりますので、この時点でタワーマンションに住むのは一旦諦める事になります。

スポンサードリンク




 

一般人向けのタワーマンションの家賃は10万円から20万円前後が相場。

 

ご家族連れを対象とした2LDKなどの間取りであれば、都心のタワーマンションでしたら毎月20万円前後の家賃になりますので、ワンルーム10万円の部屋と比べると同じ建物であっても大体2倍前後のコストがかかる事になります。

これは、あくまで一般庶民を対象としたタワーマンションの相場家賃であり、森ビルさんとかラトゥール系の高額な物件の場合は家賃が毎月100万円の部屋であってもそれが当たり前の世界になります。

虎ノ門ヒルズレジデンスに住みたい人はいても、とてもではないですが最低家賃が70万円からに設定されていますから普通の人では家賃が払える訳ありません。

 

家賃が100万円を超えるようなタワーマンションに住む場合は法人契約。

 

それらの特別高額なタワーマンションに住みたい場合は、今後の予定を立てて経営側の人間になれるように仕事を頑張るしかありませんし、法人契約の役員様の社宅にすれば間取りによっては90%の費用を経費に計上できます。

普通の人であっても庶民的なタワーマンションに住むのはそれほど難しい事はありませんが、最低でもワンルームの部屋でよくて毎月10万円の家賃を支払える人でなければ、部屋自体がない訳ですから話にならないのです。

スポンサードリンク




しかし、これは毎月必要になる家賃の話ですから、タワーマンションに住む為の条件は、当然それだけではありません。もっと重要な事があります。

 

タワーマンションを賃貸契約するには最低年収300万円は必要。

 

毎月の家賃を払う為には、その家賃を支払う相手が必要になり、それが不動産会社になる訳ですが、不動産会社というのはどんな相手にも丁寧に対応して部屋を貸してくれる訳ではなくて、一定条件を満たしている人のみに部屋を提供してくれるのです。

その条件というのが、安定した職業についているか、多額の資産を保有しているか、それらを算出する契約したい物件の家賃が支払えるのか等が重要視されるのですが、これはどのようなマンションやアパートであっても同じです。

タワーマンションだから特別な契約が必要とか、タワーマンションだから特別な費用が必要といった話にはなりませんのでご安心ください。

タワーマンションの部屋を契約する際には、単純に家賃が高い事が多い為、それに比例した収入や納税証明書が必要になりますが、これらについてもやっている事は家賃30000円のアパートと全く同じです。

 

単純に部屋の家賃が高い為、契約時に要求される年収の金額が大きくなるだけです。

 

では、一体いくらくらいの年収が必要になるのかといえば、ワンルームで家賃10万円の部屋でしたら年収300万円が最低ラインになりますので、これ以下の年収200万円とかでは、まずタワーマンションの部屋を契約する事はできません。

年収300万円の場合でしたら、手取りは大体220万円前後でしょうか?

これから、毎月の家賃10万円を12ヶ月払うと120万円になりますので、残りの自由に使えるお金は100万円前後になりますから、本当にギリギリの生活をしながらのタワーマンション暮らしをする事になります。

できれば、東京のタワーマンションで一人暮らしをする場合は、最低でも年収500万円は欲しいところですし、これくらいの金額があれば車も保有する事が可能になります。

タワーマンションに住みたい場合、最初にするべき事は、現在の年収が300万円以上であるかを確認することになります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年11月3日 — 7:18 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme