東京23区内で部屋を安く借りる方法|シェアハウス

日本で最も家賃が高い場所といえば、間違いなく東京になるでしょうから、東京で生活をしたいけど、あまりに高額な家賃は払えないから自分には無理だと思っている人も地方には沢山いらっしゃるのではないかと思います。

もちろん、東京の家賃が高いことには間違いありませんし、六本木ヒルズレジデンスCの最上階とか、ラ・トゥール代官山のペントハウスなどは毎月の家賃が500万円を超えているありえないような超高額物件になっています。

しかし、東京の物件全てがそのような高額な物件ではなくて、実は地方と同じくらいの家賃の物件も数多くあり、探せばこんなに安い物件もあったの?、驚く人がいるのも事実なので、現地の事情をより多く知っているのかどうかが重要になるかと思います。

スポンサードリンク




 

 

東京23区内で部屋を安く借りるにはどうすれば?

 

なるべく家賃は安くして、なるべく良い部屋を借りたいと言うのは、税金対策をしている人以外は当たり前に考えることですので、東京で部屋を探す際には、駅に近いことよりも、より部屋が広くて家賃が安いことを優先する人も沢山います。

その場合、やはり現地にいって、自分で足を使って物件を探すのが一番良くて、その結果、ネットに出ていない掘り出し物も見つかることもありますから、例えば品川駅の近くであっても、実は家賃6万円前後で部屋(ワンルーム)を借りることも出来るのです。

ただし、品川駅の通勤通学範囲内と言っても、品川駅からは自転車で若干移動するくらいの距離になりますので、品川駅から徒歩5分とかの範囲には流石に家賃6万円の物件はありません・・・。

例えば、品川駅直結の品川Vタワーの分譲賃貸の場合、どれだけ安くても毎月20万円は必要です。

 

 

駅の近くの物件を安く借りるにはどうすれば?

 

地方の場合は、駅に近くてもあまり意味が無いことが多いため、それで家賃が高くなるとかはあまりないのかもしれませんが、東京の場合は、駅に近いと必ずその物件の家賃が高くなる傾向になります。

スポンサードリンク




その為、駅に近い物件、駅直結の物件については、家賃が安くなることはありえませんので、そのような立地の物件を安く借りたい場合、事実上不可能と言っても差し支えないことが多く、それで皆さん駅から離れた物件をしかたなく借りている現状があります。

先程の、品川駅への範囲内で家賃6万円の物件にしても、確かに品川駅が通勤通学範囲内にはいるのですけど、徒歩での移動はあまり現実的ではありませんので、大抵は自転車で品川駅まで移動を行い、そこで品川駅を利用することになるのです。

そこで、どうしても駅近くの物件を安く契約した場合は、シェアハウスと言った方法で、物件を借りる方法があります。

 

 

シャアハウスってどのような物件なの?

 

日本ではあまり一般的ではないのかもしれませんが、シャアハウスというのは、一つの物件に対して、複数の関係のない人たちが共同でそこで生活をする方法のことであり、これだと家賃を分担して、本来よりも大幅に支払いを抑えることが可能です。

物価が極端に高いシンガポールなどでは、当たり前のように行われているシェアハウスですが、日本の場合は、そこまでしなくても良いことが多いため、まだそれほど広まっているわけではありませんが、最近ではシェアハウスを専門に扱う業者も出てきているようです。

 

 

専門業者に相談に乗ってもらったほうが良いシェアハウス。

 

シャアハウスの場合、知らない人同士で同じ物件で生活をするわけですから、プライバシーの問題や金銭などのトラブル等、普通の物件では起こらないようなトラブルが発生する場合もないわけではありません。

同じ親族同士で暮らしていても、トラブルやいざこざが発生するわけですから、他人であればよりその可能性が高くなるのは仕方がない話なのです。

家賃が安くなりメリットもありますが、同居者とのトラブルというデメリットも抱えているシャアハウスの場合、素人判断だけでは理解できない部分、分からない部分も多々あるでしょうから、気になるようでしたら、やはり、その道の専門家に相談するのが一番ではないでしょうか?

 


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年3月17日 — 9:24 AM