Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

埼京線と痴漢発生率の謎|痴漢は犯罪ですの車内放送の衝撃

地方から東京に引っ越してきた人であれば、最初は殆どの人が、電車を使って自宅と会社を行き来することになるかと思います。

その際には、たいてい家賃が安くて通勤に便利な場所の物件を契約するでしょうから、同じような条件で、同じようなことを考えている人が殆どですから、大変混雑している路線を日常的に使わなくてはいけません。

都内の会社に通勤する方であれば、まさか、群馬県とかの県境の物件を借りて、そこから始発で電車に乗れば、東京まで座ったまま移動できるから、群馬県に居住しようといった考えの人はいないでしょう。

スポンサードリンク




 

毎日始発で出勤をしないといけませんし、電車代も安くありません。

通勤快速であっても移動時間に相当な時間がかかりますし、残業などもできずに、定時で会社から帰宅しないと自宅に帰れないでは、よほど特殊な職業の方でない限りは、会社側が受け入れてくれる事もありません。

従って、都内の物件の家賃が高すぎて、それを選べない人であれば、必然的に埼玉県などの東京側に位置する場所の物件を契約する事になります。

その場合は、京浜東北線の川口方面、埼京線の戸田方面に分かれると思うのですが、埼玉方面から最も早く移動できるのが埼京線になりますので、東京の土地勘がない人であれば、埼京線のルートの方が時間がかからないので、そちらを選ぶ事になります。

 

地図上、書類上の時間だけを見て居住地を決めるのは大変危険

 

地図上で見れば、京浜東北線は停車駅が大変多いため、移動に時間がかかりますが、埼京線であれば、都内に入ると殆ど主要な駅にしか停車しないため、一見して、スムーズに移動できると認識できます。

しかし、それはあくまで書類上の話であり、実際に埼京線を初めて使った際には、驚きの乗車率を見て、電車に乗り込むのを断念するような状況になる人が殆どです。

都内の主要な駅、池袋駅、新宿駅、渋谷駅、恵比寿駅、大崎駅に短時間で移動ができて、家賃が安い場所を経由する埼京線ですから、当然利用者も圧倒的に多くなるので、それに比例して、混雑も凄まじい状態になるといった話です。

川口ルートの京浜東北線も、赤羽駅からでは駅員に押し込まれないと電車の中に入る事ができない事も富通であり、その通勤時間の混雑は凄まじいものがあるのですが、都内での停車駅が多いといった特徴から、かなり早い段階で人がまばらになっていきます。

一方の埼京線といえば、都内での停車駅が大変少ないため、殆ど停車しません。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


ですから、赤羽駅の時点で車内が超満員になってしまった場合は、次の停車駅である、東十条駅、板橋駅を最後に、池袋駅、新宿駅、渋谷駅までは電車そのものが止まりません。

超満員電車の状態で、渋谷駅に到達するまでは、殆どの人が電車を降りないため、埼京線の車内は人が動けないほどの乗車率であるにもかかわらず、それが最も長時間継続される電車になります。

この事が、埼京線で痴漢の発生率を極端に高めている原因になっていて、別に痴漢をしなくても、電車に乗り込んだ体勢から身動きが取れない状況になるため、何が起こっているかもわからないくらいの状態になるのです。

地方から東京に引っ越してきたばかりの時であれば、この通勤が苦痛になり、そのまま地方に帰ってしまう人もいるくらいですし、早々に埼京線を使わないルートに引っ越す人もいらっしゃいます。

 

痴漢は犯罪ですのアナウンスを初めて聞いた電車が埼京線

 

初めて埼京線乗ると、それまではネタだと思っていたアナウンスを聞く事になり、この電車は本当に痴漢が多いのだという事を認識させられます。

それが、「痴漢は犯罪です」といったアナウンスの事であり、埼京線に乗ると、何事もなくそれが車内放送されますし、誰も違和感を感じていないのが都会の恐ろしいところですね。

地方に電車に乗って、車内で痴漢は犯罪ですといった車内放送がされていたら、皆さん大変驚くと思いますけど、埼京線では日常的な話になるのです。

当然ですが、朝の通勤ラッシュだけでなくて、帰りの通勤帰宅ラッシュも発生しますから、埼京線ルートを選ぶ場合は、通勤時間をずらすとか、好きな時間に出勤できる会社を選ぶのが良いかもしれません。

できれば、会社に徒歩で行けるとか、自転車で行けるような物件を選ぶと電車を利用しなくて済みますし、都内の会社では、会社の近くの物件を契約するほど、家賃補助がたくさん出るような会社もあります。

埼京線の通勤ラッシュ、痴漢多発の問題で精神的な苦痛を受けてしまって、折角状況してきたのに、すぐに地方に出戻りをするような事態になる事だけはさけたいものですね。

また、痴漢の発生率に比例して、殴り合いなどのいざこざや、小競り合いなども、埼京線では頻繁に発生していますし、携帯電話を車内で使っている人のトラブルなども日常茶飯事です。

痴漢が埼京線から走って逃げていて、駅員に取り押さえらえる現場も日常的に見る事ができます。

ただし、土日は埼京線はガラガラですし、混雑の時間帯をずらして利用すれば、料金も安く、都内の主要な駅への移動も大変スムーズですから、うまく使いこなせれば、埼京線こそが最強線になる事でしょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年5月28日 — 2:12 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme