東京に引っ越す前にお部屋のエアコンを確認しよう

東京に限らず、四季があるんほんの場合、夏の季節になれば日本全国一斉に30度を超える猛暑日が続きますし、最近では40度近い気温になる事も地域によってはあるようです。

屋外が暑くて室内にいる場合、冷房器具として扇風機だけでは熱風をかき回しているだけのような状態になりますので、エアコンをつけないと倒れてしまいそうになる事もあります。

田舎の涼しい川沿いや山沿いの家や別荘などでしたら、自然の風を取り入れるだけで涼しく過ごす事ができるのですが、山も川もなく周辺全てがアスファルトで固められた都心のビルやマンションなどの場合は、窓を開けただけでは涼しくなってくれません。

スポンサードリンク




 

賃貸マンションやアパートではエアコン付きが当たり前?

 

いつからそうなったのかは分かりませんが、現在において賃貸マンションやアパートを借りる場合は、大抵はエアコンがついている物件が多くなっていて、エアコンがついていない物件でも、入居者が後でエアコンが取り付け出来るようになっています。

入居者が取り付けたエアコンは、退去時には原状回復に基づき撤去しないといけなくなりますが、状況によりそのまま置いたままにしておいても構わないといった状態になる事もあります。

当然ですが、その場合はエアコンの購入費用、取り付け費用などは払ってもらえませんし、大家によってはエアコンを外す際の費用や手数料を請求してくる輩もいますので、最初の物件選びというのは本当に重要です。

 

エアコンがついていない物件の場合は退去時に取り外しが必要かを確認。

 

最初から室内にエアコンがついている物件の場合、比較的新しい物件であれば、最新のエアコンがついている事も多いですから、電気代の負担も少なくエアコン自体の性能も高い事が多いのですが、建物が古い場合は古いエアコンである事が多く電気代が余計にかかる場合があります。

エアコンがついていない物件の場合は、好きなエアコンを購入して取り付ける事ができるのですが、取り付け、取り外しの際には費用がかかりますし、取り外したエアコンを新しい引っ越し先に持っていけるとも限りません。

スポンサードリンク




よって、どちらが良いとは言えませんが、比較的新しいエアコンが最初からついている物件であれば、よほどのこだわりがないのであれば、そちらの方が手間暇もかからず、費用もお得に処理ができますから、お勧めできると言えるのではないでしょうか?

 

壁掛け式エアコンと埋め込み式エアコンはどちらが良いのか?

 

最近の都心のマンションの特徴といえば、エアコンが埋め込み式になっている事がほとんどであり、後からエアコンの取り付けなどが一切出来なくなっているタイプの物件が多くなってきています。

壁や天井など、いたるところにエアコンの吹き出し口があり、一般的なワンルームマンションについている、壁掛け式のエアコン自体が部屋に全くないようなデザインですから、部屋を見ればすぐにわかります。

見た目で言えば、壁や梁などに埋め込み式になっているエアコンの方が断然良いのでしょうけど、そういった物件は大変高額な物件である事が多く、庶民的な価格帯ではありませんので、どちらが良いと言った事で悩む事はありません。

六本木ヒルズレジデンスC等の森ビルの高額なマンションの場合は、殆どが埋め込み式エアコンであり、後から追加する事もできませんし、する必要もありません。

勝どきビュータワーのような庶民的なマンションの場合は、壁掛け式のエアコンであり、分譲とUR賃貸、地権者部屋等から構成されていますから、好きなエアコンを購入して取り付ければ良い感じです。

東京ではエアコンがないと23区内でしたら大変暑い為、昼間はエアコンがついている場所に移動して過ごさないといけなくなるくらいですから、奥多摩地方に住むのでなければ、最初からエアコンがついている部屋をチョイスしておき、その中で新しいエアコンがついている部屋を優先的に検討すると良いでしょう。

埋め込み式のエアコンがついている部屋は、おそらくは一般の人が契約できるような部屋ではありませんから、最初のうちは壁掛け式の部屋、壁掛け式でエアコンが付けれる部屋だけを考えておけば大丈夫です。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月31日 — 7:55 AM