東京でマンションを契約するならトランクルーム付き物件

地方から東京に引っ越した方であれば、引越し先のマンションが同じ6畳一間のワンルームマンションであっても、そのあまりの部屋の狭さに驚くのではないでしょうか?

部屋の間取りだけでは無くて、ベランダやキッチン、風呂など、全てにおいて全体的に地方の物件と比べると狭くなっている事が殆どです。

いわゆる江戸間というやつですけど、地方と同じ予算であれば、東京では必ず狭い部屋で生活をしないといけなくなりますので、どうしてもスペースが足りなくなって困る事になります。

スポンサードリンク




当然、余計な荷物はなるべく持たずに、引っ越す前に処分するのが良いのですが、それでも全ての荷物を処分する事は出来ませんから、ある程度の荷物を置くスペースが必ず必要になります。

 

荷物が増えると広い部屋に引っ越すしかないけどお金が無い!

 

荷物があるのに、置く場所が無くて困ってしまう・・・、実際に地方から東京に引っ越した際には必ず発生する問題になりますから、これを回避するためには、広い部屋に住むしかありません。

しかし、東京は家賃が高いですから、容易に広い部屋を選ぶ事ができないといったジレンマが必ずつきまといますので、ニッチもサッチもいかなくなり、部屋の中がテトリスのようにダンボールの山で埋められていく事も多いのです。

そんな、広い部屋に引っ越したくても家賃が高額すぎて引っ越せない人のために、東京ではレンタルスペースといったコンテナを改造した倉庫をレンタルしたり、きちんとしたビルなどを倉庫にしてレンタルするサービスが沢山あります。

 

レンタルスペースは便利そうに見えて結構コストがかかる。

 

実際にはレンタル倉庫などでも、毎月1万円、2万円くらいの金額はかかりますので、決して安い出費ではないのですが、新しく広い部屋を探して契約するコストと比較すると、レンタルスペースを借りたほうが効率が良くなります。

部屋の中で、ダンボールに入れて山積み状態で保管している荷物というのは、常に使うものではありませんし、捨てたくても捨てれないような荷物でしょうから、年に数回使うであるとか、殆ど使わないけど捨てれない荷物が多い事でしょう。

スポンサードリンク




そのような使わない荷物を部屋の中に置いていると、高額な家賃で契約しているマンション内のスペースの利用効率が極めて悪くなりますから、部屋の中に置か無くても良い荷物は、レンタルスペースに置いたほうが良いわけですね。

もし、このようなレンタルスペースが最初から付いているマンションであれば、大変便利だとは思うのですが、どうでしょうか?

地方ではあまり見かけないかもしれませんが、東京ではレンタルスペースのような、トランクルーム付きの物件が沢山ありますから、それだけ需要があるということなので、これを使わない手はありません。

 

トランクルーム付きのマンションなら低コストで畳一畳分のスペースが使える!

 

トランクルーム付きのマンションは、畳1畳分くらいのトランクルームがついていて、それがついていても大して家賃は変わりませんから、付いてないい物件よりも、ついている物件のほうが良いに決まっています。

大抵は、玄関の近くで、部屋の外側にトランクルームがついていて、そこにカギがありますから、カギを開けてトランクルームを利用するといった感じになりますので、他人に勝手に開けられることもありません。

これだと、ワンルームの部屋を契約した場合でも、余計な荷物は全てトランクルームにしまうことができますから、部屋の中がスッキリした上に、トランクルームがついていない物件と大して家賃も変わらないのですから、デメリットもありません。

海外旅行などで使う大型の旅行カバン、車のスタッドレスタイヤ、扇風機や季節ものの電化製品、使わない服など、これらを室内に置いておくと、相当なスペースを占有する上に見た目も良くありません。

レンタルスペースだと、畳1畳分でも毎月1万円、2万円の費用がかかりますし、そこに移動して荷物を持ち運びするのにもコストがかかりますけど、そのレンタルスペースというトランクルームが玄関の目の前にあれば、すぐに荷物の出し入れもできます。

家賃というのは玄関から内側の住居スペースの部分で決まりますので、玄関の外にあるトランクルームに関しては、格安で利用できるスペースですから、東京の物件を契約する際には、ぜひご検討してみてください。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年7月19日 — 2:32 PM