東京での一人暮らし|手取りで30万円あれば快適な生活

東京で一人暮らしをする場合、やろうと思えば年収100万円でも生活する事は可能ですが、その場合は、当然ですがかなりの制限がある生活をしないといけなくなります。

ただし、それは地方であっても同じであり、年収100万円で快適な生活ができるような場所自体が日本にはありませんので、少しでも快適な生活を望む場合は収入を高めるしか方法がありません。

これは世界共通の話になるのですが、どのような場所であってもそこで快適に生活をしたい場合は、一定以上の収入が必ず必要になりますので、仕事を頑張っている人ほど世界中どこに行っても快適に過ごす事ができる訳です。

スポンサードリンク




 

年収が多い方が快適な生活はできるけど誰でも富裕層になれる訳ではありません。

 

確かに収入が沢山ある方が快適な生活ができる訳なのですが、誰でも大富豪や富裕層のような生活ができる訳ではありませんので、年収1億円あれば良いではなくて、もっと一般的な金額を知りたい人が多いはずです。

東京で生活をするには年収1億円あれば、快適に過ごす事ができますでは、正直って殆どの人が関係ない話ですから、現実的ではありませんし、もっと一般の人が自分に役に立つような情報源が必要になるからです。

では、一体、東京で快適に一人暮らしをするには幾らくらいの収入があれば良いのでしょうか?

 

東京で一人暮らしを快適にするためには手取りで30万円あれば大丈夫。

 

一般の人でも、頑張れば到達できる金額として手取りで毎月30万円あれば、東京であっても、家賃10万円前後の部屋を契約して、普通の暮らしをしていれば快適に過ごす事ができます。

毎月手取りで30万円ある人であれば、駐車場も合わせて契約をした上で、更に自動車の保有も全く問題ありません。

スポンサードリンク




東京にマンションを借りて自動車も保有して、何不自由なく普通に一人暮らしをする為には、最低でも30万円の手取りがあれば問題ありませんので、この金額を基準に仕事を頑張っていれば、結婚するまでは快適に過ごす事ができます。

ただ、これがご結婚後の話になると、手取り30万円の場合は一人暮らしの時と同じような金銭感覚になるとかなり生活がきつくなりますので、収入を高めるか、生活ランクを落とす必要があります。

 

結婚した後は手取り30万円では生活レベルを下げないといけなくなる?

 

家族がゆったりできる3LDKの部屋を借りる場合、独身用のワンルームで10万円の部屋があるマンションと同じグレードにした場合は、家賃が20万円くらいになります。

手取り30万円で結婚をしていて、家賃20万円を毎月払っていくのは生活ができない訳ではありませんが、かなり厳しくなっていきますから、3LDKで12万円位のもっとグレードが低いマンションに引っ越さないといけなくなります。

結婚する前の一人暮らしをしている期間というのは、収入が高い人程、それほど長い訳ではありませんので、せっかく一人暮らしをするのであれば、なるべく快適な生活を続けていきたいものです。

また、年齢を重ねるごとに収入を上げる為には、それまで以上に仕事で結果を出していく必要がありますから、結婚してこれまでよりも更に快適な生活をする為には、手取りで50万円位を安定して稼げるようにしておいた方が良いでと言えます。

東京都心で3LDKなどの家族向けのマンションは、一般向けの物件でも家賃は20万円前後しますから、それを安定して支払えるようになる為に、独身の一人暮らしの際にはなるべく高い家賃のマンションに住んで、気持ちを引き締めて仕事で結果を出していくのが良いのではないでしょうか?


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年11月1日 — 8:40 AM