将来性のある仕事を選んでみよう|東京で快適な一人暮らし

東京で一人暮らしをしたい人の場合、できれば六本木ヒルズレジデンスのような豪華なタワーマンションに住みたい人の方が圧倒的に多いのが現状なのですが、現実はとても厳しくて六本木ヒルズレジデンスよりも遥かに格安のタワーマンションですら、普通の人であれば初回で契約する事はできません。

格安のタワーマンションと言っても一番安い部屋で10万円から20万円前後の家賃が毎月かかるわけですから、虎ノ門ヒルズレジデンスの駐車場代と大して変わらない金額であると言っても、庶民からすればそれは高額な金額になるのです。

地方の学生さんが東京の大学に入学したからと言って、毎月20万円の家賃を支払える親御さんは早々いないでしょうから、普通であればどんなに頑張っても仕送りは毎月10万円前後が限度なのです。

 

東京での最初の目標をタワーマンションに住む事に設定するのは良いこと?

 

東京で快適な一人暮らしをしたいのであれば、巨大なタワーマンションに住む事がステップアップになりますし、そこから更に成功を収めていけるのであれば、更に豪華な低層マンションに引っ越せば良いと言った話ですね。

東京の低層マンションは本当に豪華な物件が多いのですが、家賃が極端に高い事が多い為、毎月200万円前後の家賃設定の物件が普通にたくさんありますから、段階を言えば、最初にタワーマンションに住んで、その後に、どうするかを決めるといった感じでしょうか?

もちろん、更に豪華なタワーマンションの最上階を選ぶのも一つの手段ですし、海外のもっと高額で豪華な物件に住んで、世界を知るのも良いことですから、何も考えずに田舎に引きこもっている人よりは遥かに将来性があります。

しかし、何をするにしても先立つものが必要ですから、それを用意できないと何もできませんから、妄想ばかりしていても余計に落ち込むことになりかねませんので、東京に引っ越しをして一人暮らしをする場合は、長期的な計画を考えておく必要があります。

 

東京で一人暮らしをしたい場合は、将来性のある仕事をするのがお勧め。

 

東京で一人暮らしをして、タワーマンションに住むためには、年収で言えば500万円前後あれば何事に困ることなく、普通に快適に生活を送ることが可能であり、20代でそういった生活をしている人も沢山います。

ただし、新卒でそれなりの企業に就職して、それなりの待遇を受けている20代の人というのは、学生時代にそれなりの成績を残して、それなりの大学を卒業した人しか選ばれにくいのが現場です。

学生時代に結果が出せなかった人は、その時点で選考漏れの様な状態になってしまっている訳ですが、別にそれだとタワーマンションに住むのを諦めないといけないという訳ではなくて、卒業後に地方の会社に就職をしたとしてもチャンスは沢山あります。

そのチャンスをつかむことが出来るのかが全てになりますから、将来東京に引っ越して快適な一人暮らしをしつつ、そこからステップアップを考えている人は、長期的なプランを考えつつ、地方で仕事をする様にしていくのが良い判断です。

 

将来性のある仕事をどうやって判断するのか?

 

地方で働いてもあまり給料が良く無いとか、待遇が良く無いといった状態になることが多いかもしれませんが、同じ行な業種であっても、それが東京に行けばいきなり待遇が跳ね上がることは良くあります。

そのケースに該当したい場合は、株の相場と同じで、需要と供給のバランスを見極めつつ、需要が多いけど供給が少ない業種を選ばないと、いくらその道を極めたとしても、需要が少ないとか供給が多い様な業種の道を選んでしまった場合は、なかなか難しい話になります。

どの様な業種がよいのかについては、正直言って多種多様で日々変化していますから、これなら確実にできますとは言えないのですけど、一般的にどの様な企業も必要としている人材というのは、マネージメント能力がある人になります。

人から指示をされている業務だけを延々としている様な人の場合、いくらそれだけは他の人に負けないと言っても、東京で好待遇で欲しがっている企業はほとんどいませんしし、グローバルで見ても同じです。

単純労働の様に見える仕事であっても、それを的確にこなす能力と、管理能力が備わっている人であれば、もしかしたら必要としている企業があるかもしれませんので、今の仕事をどのようなポジションでこなしているかを分析していくことが、将来の目標を現実のものとする第一歩なのかもしれません。

Updated: 2015年11月18日 — 7:53 AM