年収500万円以下の人が東京の高級マンションに格安で住む方法

東京には高級マンションと呼ばれる大きなタワーマンションや低層マンションが沢山建設されていますので、地方から東京に引っ越したい人であれば、是非ともあのようなタワーマンションに住んでみたいって感じる人が多いのですが、どうやれば住めるのか?

地方の人は知らない人も多いんですけど、タワーマンションでも格安物件と、超高級物件に別れていますので、実はタワーマンション=高級物件ではありませんから、タワーマンションで良ければ、手頃な物件を選べば別に引っ越すのは難しくありません。

また、別にタワーマンションが高級というわけではなくて、中層や低層マンションでも高級マンションに該当をする物件が沢山ありますけど、一般的な金銭感覚の人なら大抵は家賃が20万円以上のマンションがそれに該当していると思っても問題位です。

スポンサードリンク




 

 

年収500万円以下の人が東京の高級マンションに格安で住む方法。

 

例えば、年収500万円以下の人が家賃25万円の品川Vタワーに引っ越しをしたいと思っても、会社員であっても恐らくは審査で落とされてしまう可能性が高くて、非正規とかフリーターでしたら先ず審査に通ることはありませんから、簡単には引っ越せません。

この場合はアクティ汐留等のUR賃貸であれば、審査がユルユルなので年収条件さえクリアしていれば、職業は何でも良いって感じで、水商売とか職業不定、ひどい場合は暴力団関係者が沢山入居している物件すらある現状ですから、こちらがお薦めです。

それでも家賃は決して安くなくて毎月20万円以上の家賃を支払わないといけなくなる状況になりますから、もっと格安で品川Vタワークラスの高級マンションに引っ越す方法なないのか?となった場合、実は転職をすれば簡単に引っ越すことが出来ます。

 

 

家賃20万円以上の品川Vタワーでも普通の会社員が住める理由。

 

一般的に、年収500万円以下の会社員が品川Vタワーに住むのは大変難しくて、両親が資産家でそちらの保証で審査が通るなどでしたら別でしょうけど、年収が700万円以上の会社員でないと簡単には審査が通らなのですが、普通に住む方法が転職です。

スポンサードリンク




別に品川Vタワーは一例ですので、同クラスの他の高級マンションでも良いのですが、結構普通の年齢が若い会社員の人も多くて、なんでこんな若い人が高級マンションに住んでいるのか?疑問に思う人も多いのですが、会社員だから格安で住めるのです。

実際に20代で家賃20万円以上の高級マンションに住んでいる会社員の人は多くて、家賃も殆ど払っておらず、中には家賃が無料で港区の高級マンションに住んでいるって人もいるくらいで、自分で家賃を払わないから家賃が高いマンションに住めるのです。

 

 

東京で高級マンションに住みたいなら自分で家賃を払わない。

 

年収2億円とかの富裕層に該当する人であれば、六本木ヒルズレジデンスC等に引っ越してもよいのでしょうけど、そうでない一般的な年収500万円以下の人が都内のタワーマンションに住みたいのであれば、家賃を自分で支払わないって考えがお薦めです。

実際にその方法で都内の家賃20万円以上の高級マンションに住んでいる会社員の人たちを何人も知っていますが、皆さん掛け捨てである家賃はなるべく払わずに会社に負担していただく価値観で、会社が所有している高級マンションに普通に住んでいます。

これが何を意味するのかと言えば、東京で働くのであれば、家賃を自分で払うって考え方から、会社に負担していただき、福利厚生の一環でなるべく高級マンションに住むような転職や就職活動をするべきって話であり、最初の選択が最も重要になります。

高級賃貸に5万円で住める福利厚生の企業に転職するメリット


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年12月19日 — 11:00 AM