東京に引っ越しをするなら礼金と更新料を必ず確認する理由

これから、地方から東京に引っ越しをするのであれば、地方とは異なる東京やその周辺の都道府県で行われている不可解な賃貸マンションやアパートの契約内容や風習などを理解しておかないと、予算ギリギリで物件を探していると思わぬトラブルになります。

その代表的なトラブルの内容が敷金以外の礼金と更新料であり、地方ではこの礼金や更新料がないってことが多くて、多分東京やその近辺だけの問題ではないか?と思うんですが、この礼金と更新料って意外に高額になることが殆どなので結構な負担です。

地方から東京に引っ越しをする際にはよく分からなくて全て業者任せに物件を探してしまっている人も多いと思いますが、それをやると知らないまま更新料ってなに?、そんな請求聞いてないよとか、礼金ってなんだろう?ってかなり疑問に感じるでしょう。

スポンサードリンク




 

 

東京に引っ越しをするなら礼金と更新料を必ず確認する理由。

 

地方になくて東京にあるもの・・・、それには色々なものがありますが、賃貸不動産に関して言えば、礼金や更新料って利用者からすれば理解不能な東京特有の支払いがありますし、これらは大抵家賃の1ヶ月分以上の金額に設定されているので大変高額です。

礼金というのはこれまた過去の古い風習のことで、通常は部屋を借りる方がお客さんなわけですから、部屋を貸して頂いてありがとうございますって礼金を支払うのは現在の住宅事情を考えるとどう考えてもおかしいのですが、高度成長期の遺産なのでしょう。

かつて、日本では戦後の高度成長期には多くの人が地方から東京に上京をしており、今よりも圧倒的に人口も多かったことからあっという間に住宅不足に陥り、部屋を貸す方が殿様商法的なポジションであったことから、その名残が今でも残っているようです。

スポンサードリンク




 

 

東京に引っ越しをするなら礼金と更新料が必要ない物件?

 

最近では東京では一部の高級物件を除き、結構な部屋あまり状態になってきていて、高度成長期の時代のように東京に引っ越しをしたくても部屋がないので礼金を大家さんに払って物件を貸していただく必要があるって状況ではなくなってきています。

超高級物件は実は礼金や更新料が設定されていない物件も多く、礼金や更新料というのは時代遅れの産物のようになってきてしまっていますから、あえて礼金や更新料を設定している物件を選ぶ必要はなく、一般的な物件ならUR賃貸を選んでおけば良いです。

東京で代表的な礼金や更新料が設定されていない物件と言えばやはりUR賃貸であり、お金さえあれば誰でも簡単に入居できるという大変甘い審査で有名なんですけど、入居後のトラブルなどは自己責任で対応しないといけないことも多いので要注意です。

 

 

東京で礼金や更新料が設定されている物件でも優良物件あります。

 

地方の人からすれば、礼金や更新料って訳のわからない請求をするのはけしからんって思う人もいるかもしれませんが、確かに悪質な大家などもいる訳で、そういった大家ほど礼金や更新料を堂々と請求してくることも多いんですけど、必ず悪ではありません。

実際に品川駅近くで家賃5万円から6万円って感じの超優良物件的な鉄筋のアパートは、確かに古いんですが鉄筋構造でレオパレスのような音漏れなどもありませんし家賃も安くて立地条件も良いので、これなら礼金や更新料があっても普通だと思いました。

ただ、明らかに家賃設定とか見合っていない礼金とか更新料を設定している賃貸物件も結構ありますので、東京に引っ越しをする際には礼金と更新料を必ず理解しておき、それがあるないではなくて、その物件が適切なのかをよく判断して引っ越しをします。

逆に礼金と更新料がないからって理由で、引っ越し先を選んだら、実はとんでもない物件だった・・・となるケースも多いですから、礼金と更新料がない理由、ある理由をよく考えておけばよく、UR賃貸にそれらがない理由は税金が・・・となるわけです。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年1月19日 — 11:52 AM