Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

UR賃貸の最大のメリットは同じ物件内で引っ越せる事です

東京に引っ越しをする際には、余程お金に余裕がある富裕層世帯の人は別でしょうけど、一般的な人で無職でもニートでも外国人でもお金さえあれば誰でも入居可能なUR賃貸を選んでおけば間違いはなく、合わせて民間の不動産会社も利用しましょう。

また、退去時のトラブルも殆どありませんので、家賃が30万円以下の物件を探しているのであれば、UR賃貸を選択しない理由が無いって位のおすすめな物件が多いですから、真っ先にUR賃貸で物件を探して優良物件に引っ越すのがベストだと思います。

ただし、誰でもお金があれば入居できるって都合上、UR賃貸には一般常識がない入居者も見られるようで騒音問題や違法なペットの飼育問題、暴力団関係者が入居してきたり、深夜にドラムを叩く異常者まで本当に民間ではありえないトラブルが発生します。

スポンサードリンク




 

 

UR賃貸の最大のメリットは同じ物件内で引っ越せる事です。

 

この一般常識からかけ離れたトラブルが多発するUR賃貸ですが、実は簡単に同じ建物の他のフロアに引っ越しができるというシステム上、隣人がおかしな相手であれば、簡単に引っ越しをすることが出来ますので、この点も民間ではありえない話ですね。

UR賃貸の場合、同じ建物で気になる部屋があれば、その部屋を内覧してから簡単に引っ越しができるシステムなので、最初に適当な部屋に入居したら日当たりが悪いとか、隣の住民が煩いなど、その場合でも管理事務所に相談して簡単に引っ越しができます。

実際にアクティ汐留などでも、一旦適当な部屋に入居をした後、最上階のデザイナーズ物件に空きが出たらそちらに引っ越しをする人も居ますし、同じ建物内の引っ越しであれば引っ越しも容易に行なえますから、これほど便利な不動産はUR賃貸だけですね。

スポンサードリンク




 

 

同じ建物内の引っ越しは荷物の移動も楽ですし気分転換にもなる。

 

一般的に、民間の物件の場合は、同じ建物の他の部屋に引っ越す場合でも、再契約や費用などが多数発生する都合上、容易には引っ越しが出来なくなっているのですが、UR賃貸の場合は殆ど敷金が戻ってくる都合上、引っ越しをするのも容易に行なえます。

荷物の移動も楽ですし、同じ建物でも眺望が変わったり階数が変わると、また新しい気分で生活をすることが出来ますから、リフレッシュにもなるので、別にご近所の人がおかしいなどで悩んでいる人でなくても、引っ越しをするメリットは多数ありますね。

UR賃貸の最大のメリットの一つに、退去時には敷金の殆どが戻ってくるってことであり、これは民間ではありえない位の用条件になるので、それを利用して、同じ建物内の他の部屋に引っ越して発生している問題を解決できますから、流石はUR賃貸です。

 

 

UR賃貸のメリットとデメリットは表裏一体なので面白い。

 

UR賃貸は敷金だけ用意しておけば礼金や仲介手数料等も必要としていない物件のため、余計な費用もかかりませんし、お金があれば誰でも入居が可能になっているので、都内のタワーマンションでも審査が相当甘くなっていることから変な人もいます。

殆どは一般常識がある人であり、UR賃貸でも家賃が高くなるほど礼儀正しい人が多くなっているので、特別な心配はいりませんが、万が一おかしな人が近所にして、夜中にドラムを叩くとか、毎日麻雀をして大騒ぎをするなどの場合、簡単に引っ越せます。

ただし、引っ越すと言っても空き部屋がないと引っ越しはできないのですが、実は同じ建物に住んでいればよく分かるのですが、一般には公開されていないだけで、定期的に空き部屋がある状態なので、遠慮せずに管理事務所に相談をしてみると良いですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年3月15日 — 5:31 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme