Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京への引っ越しはUR賃貸と都営住宅のどちらが良いの?

地方から東京に引っ越す場合、東京から東京に引っ越す場合、色々な条件での引越が行われていますが、民間の不動産会社の物件よりも先に見ておいたほうが良いのがUR賃貸と都営住宅になる訳ですが、これらの住宅の違いについて知っておくと便利です。

UR賃貸と言うのは、公団、いわゆる天下り等の官僚等が深く関わっているとしか思えない、多額の税金を使って建設運営されている都内の不動産物件のことで、とにかく高立地の条件で豪華な設備で建てられているタワーマンションなどが多数あります。

都営住宅というのは東京都が運営管理している、まあこれも税金を使って天下りを養っているとしか思えないガサツな運営をしている不動産物件のことであり、立地条件が良い場所にUR賃貸と並行して建設されている物件も多く、家賃は安めになっています。

スポンサードリンク




 

 

東京への引っ越しはUR賃貸と都営住宅のどちらが良いの?

 

先ずですね、UR賃貸はお金さえあれば誰でも借りることが出来ますし、アクティ汐留とか勝どきビュータワーとか、団地と表現するには無理がありすぎる豪華なタワーマンション等を多数所有しており民間と比べても物件の品質は悪くありませんが高いです。

都営住宅というのは、UR賃貸よりも若干品質が落ちる作りになっていて、外装だけでなくて、内装も安っぽい作りになっていますが、立地条件は良い場所が多く家賃も条件次第では安くなっており結構お得感がありますが入居条件は都民限定になっています。

ですから、地方から東京に引っ越す場合は都営住宅って選択肢はありませんので、UR賃貸や民間の不動産会社の物件を借りることになり、東京都内から引っ越しをする場合は都営住宅も選択肢に入り家賃も低めでそこそこの物件を借りることが出来ます。

 

 

都営住宅の民度を見ていると個人的にはお勧めできない。

 

UR賃貸と都営住宅は見た目は大変良く似ていて、知らない人には外観で区別がつきにくいのですが、どちらも民間が運営していない不動産物件になりますので、管理が甘く、常識がない入居者も多数存在することから色々なトラブルが発生しています。

スポンサードリンク




まあ、民間でもおかしな人が入居している物件では、色々と問題が発生することも多いのですが、地方には存在しないUR賃貸と都営住宅でのトラブルは想像を超えていて、何も知らない人が入居をすると、想定していないトラブルになることがよくあります。

特に都営住宅の場合、ペットを違法に飼育している人が本当に多くて、大きな犬を両手に抱えて堂々とエントランスから出てきたり、犬を放し飼いにしていたり、自転車置き場にはありえないような大量の自転車が放置されていたりなど日本とは思えません。

 

 

東京に引っ越すならUR賃貸を優先して民間と都営住宅で検討です。

 

基本的に東京に引っ越しをする場合、家賃が30万円以下の物件を探しているのならUR賃貸を最優先にして探しておいたほうが良く、UR賃貸でのトラブルは自己責任になるのですが、ある程度家賃が高めの物件であればそれほどおかしなトラブルは無いです。

民間の不動産も悪くはないのですけど、敷金や仲介手数料、訳のわからない礼金といった請求が堂々とされていることや、退去時のトラブルも多いですから、それを考えるとUR賃貸で最優先に物件を探すべきであり、民間はそれと並行して探す感じですね。

都営住宅に関しては東京都民でなければ引っ越すことは出来ませんが、ある程度豪華な住宅も用意されているし、家賃も低めで良いのですけど、そういった条件に集まる人たちは常識がない人たちも沢山いて、特にペットと駐輪の問題でトラブル事が多いです。

 

 

UR賃貸と建物は同じでもマナーが全然違うのが都営住宅。

 

都営住宅については、地方から引っ越す人には関係はないかもしれませんけど、UR賃貸と同じ敷地内で建設されていることも多いので、よく見てみると分かりますけどUR賃貸と比較して建物は同じでも自転車の駐輪マナーが異常である物件が多いですね。

都営住宅のペット問題については、かなり深刻なので、必ず違法にペットを飼育している人が居るのかいないのか?、都営住宅の担当者に確認をしておき、ペットアレルギーなどの人は死活問題になりますから、その際の対処方法なども確認しておきましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年3月20日 — 4:17 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme