首都高速で120キロオーバーでオービスが光った?大丈夫?

首都高速について、勘違いしている人が未だに多いんですけど、この道路は高速道路ではなくて首都高速道路になりますので、最高速度は湾岸線等の一部区間を除き60キロ制限になっているので、当然ですが120キロで走行しているとオービスが光ります。

ただ、実際問題としては首都高速を60キロで走行している車は殆どおらず、普通に100キロ以上で走行をしている車が圧倒的に多く、渋滞にハマった場合だけノロノロ運転をするくらいで、普通に60キロで運転している車を見る方が珍しいくらいなのです。

そのような建前と本音が渦巻く首都高速では、渋滞していないときは殆ど高速道路と同じような風景が視界に入るので、無意識でアクセルを踏んでしまって、いつの間にやら時速120キロを超えていて、オービスが光って撮影されたって人が結構いる訳です。

スポンサードリンク




 

 

首都高速で120キロオーバーでオービスが光った?大丈夫?

 

結論から言えば、首都高速で120キロで走行している時点で、60キロオーバー確定になりますので、反則金ではなく罰金の対象になり、いわゆる赤キップを切られて検察庁に出頭しないといけなくなる状態ですから、残念ながら諦めた方が精神的に良いです。

首都高速は湾岸線(Bルート)を除き、制限速度が60キロ制限ですから、そのような道路を120キロで走行していたら、オービスが光らないほうがおかしいくらいなので、普段から安全運転を心がけるというか、オービスの場所は最低限知っておくべきですね。

ただ、オービスが光った件については、対向車等のヘッドライトを見てしまって、速度が120キロを超えていてオービスと勘違いしてパニックになる場合もあるわけなので、もしかしたらオービスの光ではなかったのか?を確認するならドライブレコーダー。

スポンサードリンク




 

 

首都高速を運転するなら最低限オービスの場所は知っておくべき。

 

首都高速を運転する場合、最低でもオービスの場所を知っておくべきですし、別に60キロ以下で運転すればよいだろうと思っていると、渋滞になって大迷惑になる恐れもあるので、いい加減で首都高速の制限速度を60キロ以下にするのはやめて欲しいです。

普通に皆さん100キロ以上で首都高速を運転している車が圧倒的に多いですし、流れに沿って走るを完全に無視して、法律厳守で60キロで運転していると、首都高速に限らず日本の公道は大渋滞をする仕組みになっているので、速度と実態があってません。

なので、流れに沿って車が速度違反をしている場合は大丈夫って話もありますし、そのような状況ではオービスが光らないって噂もありますが、どのような状況であっても、オービスが光って撮影された時点で、間違いなく警察から連絡が来るのが現状です。

 

 

首都高速でオービスに撮影されないためには先頭を走行しない?

 

なんだかよくわからないけど、首都高速でオービスで撮影されたくない場合、オービスの場所はわからないし、流れに沿って走っていたら60キロなんてすぐに超えてしまうって人でも、普通は120キロまで速度を出す状況にはならないので言い訳は無理です。

夜間は都内のタクシーが普通に100キロを超えるような猛スピードで首都高速を走行しているので、それを見たら、タクシーが速度違反をしているのだから別に自分がやってもよいだろうって思うかもしれませんが、大抵そういったタクシーは捕まってます。

この場合はオービスの場所を知っていても、首都高速は実は覆面パトカーとか白バイが相当な数パトロールしていて、確かに流れに沿った多少の速度違反は問題ありませんが、悪質な場合はすぐに追いかけてきますので、先頭を走らないのも一つの手段です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年1月23日 — 6:07 PM