Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

年収500万円の一人暮らしは東京に引っ越しても安泰

地方の場合は年収500万円を超えている人はかなりの高額所得者であることが多くて、事業経営者などを除き、会社員とか派遣で地方で働いている人で年収500万円を超えている人はかなりの高額所得者になるのが日本の現状になります。

東京でしたら20代でも年収500万円を超えている人は別に珍しくありませんけど、地方は年収300万円でもかなり待遇が良い方に分類されることが多いですから、地域格差の溝は簡単には埋まりそうになさそうですし、東京に全てが集中している現状です。

そんな訳で、年収が500万円あれば、地方で一人暮らしをしていれば余裕で生活を過ごすことが出来ますが、その状態で東京に引っ越したらどうなのか言えば、実際に年収500万円もあれば、東京であっても、何ら不自由ない生活をおくることが出来ます。

スポンサードリンク




 

 

地方で年収300万円の人でも東京に行けば500万円以上になる?

 

地方で年収300万円であっても東京の会社に転職をすれば、数年もあれば年収500万円を普通に超えますので、興味があればなるべく年齢が若い時に東京の会社に引っ越しをした方が色々と刺激的な環境で仕事をプライベートを過ごすことが出来ます。

賃貸マンションは家賃10万円位の物件を契約して、更に車を1台所有して、普通に会社に通勤するような特別贅沢をしない状態でしたら、毎月のスポーツジムに通ったり、定期的な外食をしたり、週末に車で遠方に出かけても何ら困ることもありません。

これが、家賃20万円を超えるようなタワーマンションに引っ越すなどをしてしまったら話は別でしょうけど、仮に家賃20万円のタワーマンションに引っ越しても、年収が500万円あるのであれば何とか生活は出来ますので、一人暮らしは最強なのです。

ただ、いつまでも一人暮らしをしていては流石に困りますから、年収500万円で結婚をして家族を持つと東京での生活は厳しくなることになるんですけど、その場合は年収500万円に見合った場所で生活をすればよいだけなので、固定費を下げて対応します。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

地方でも子供二人を育てると年収1000万円でも厳しい現実があります。

 

実際、一人暮らしであれば地方でも東京でも年収500万円もあれば、余裕の生活を過ごすことが出来ますし、ちょっと無理をすれば東京のタワーマンションで生活をすることも出来るんですけど、それはあくまで一人暮らしをする場合の話になります。

地方で生活をしていても、子供二人を育てて高校、大学に進学させる場合は、年収が1000万円あっても、全然お金が足りなくなりますし、住宅費や駐車場代以外は地方も東京もそれ程変わらないので、家庭を持ってしまうと本当にお金が足りなくなります。

しかし、家庭を持って子供を育てるのが人として生まれてきた使命になりますし、自分の子孫を残すことが一番重要な人生のイベントになりますので、独身の間は年収500万円でも全然問題ないけど、それで安心しているとダメだということになりますね。

 

 

年収500万円のひとり暮らしで安泰ならそこから更に努力をします。

 

子供が大学に進学をする際に、お金がなければ奨学金を選択する手段もあるんですけど、あれは多額の借金を子供に背負わすことになる訳なので、本来は親が学費くらい支払えるくらいの収入があれば奨学金など利用する人はいなくなります。

しかし、奨学金を利用して大学に進学をする学生が圧倒的に多い状況を見るにして、多くの人が子供を育てるだけの収入がない状態でなんとかやりくりをしている事になる訳なので、年収500万円になったらそれで安心をしていては将来がないということです。

年収500万円になって、一人暮らしで困ることがなくなっても、安心を持って現状維持ではなくて、新卒で生活が厳しかった頃の気持を忘れず、早めに次の段階に進めるように、仕事を頑張っていくしかないので、安泰=さらなる試練だと思って良いですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月17日 — 1:53 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme