Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京の超満員電車で痴漢の加害者と間違われない方法は万歳突撃

東京を中心にした通勤は電車での移動が大変多く、一般的な会社員であれば毎日のように、超満員電車に乗って自宅から会社、会社から自宅に移動をすることになるんですけど、その際に問題になっているのが痴漢行為による犯罪であり、毎日発生しています。

地方から出てきて初めて埼京線という埼玉県大宮から品川区の大崎までを結んでいる電車に乗った人は、痴漢は犯罪ですってアナウンスを聞いて何事かと思うでしょうし、その際には電車内は超満員で動くことも出来ない状態なので大変驚くことでしょう。

埼京線は乗車率が大変多いことと、駅から駅の間に停車しない区間が他の電車よりも長いので、その結果、最も痴漢が発生しやすい電車として有名であり、別名戦闘車両の最強線と呼ばれているくらいであり、一般の男性には大変迷惑な状態になっています。

スポンサードリンク




 

 

東京の超満員電車で痴漢の加害者と間違われない方法は万歳突撃。

 

埼京線等の超満員電車に乗ると、毎日痴漢被害が発生していて、実際に渋谷駅などでも痴漢が逃げているのをJRの職員や鉄道警察が追いかけて取り押さえている現場をなども見たことがあるんですけど、それは壮絶で全く関係ない人でも不快感が出てきます。

実際に痴漢という犯罪をやったのであれば、罰せられたり罵声を浴びせられても致し方がないのですが、世の中にはやってもいない痴漢の冤罪事件の加害者になる男性も少なくなくてやっていないことを証明するのは大変難しいため、結構問題になっています。

この場合、満員電車を利用している限り、どのような職業の人であっても、いつ自分が痴漢の冤罪加害者に間違えられるか分かりませんので、満員電車を利用する際には普段から万歳突撃の状態、いわゆる両手を上げて吊り輪を持っておくのが大変有効です。

スポンサードリンク




 

 

常に両手を吊り輪に掲げておけば痴漢の冤罪加害者になりにくいです。

 

痴漢の被害というのは、一般的には満員電車の中で、男性が見ず知らずの女性の身体を両手で触る行為であり、そこで問題になるのが手が何処にあったかになりますので、古典的でわかりやすい方法としては常に両手を上げて万歳をしておけば効果があります。

身体同士が触れる件に関しては、満員電車の中では防ぎようがありませんので、それ自体で痴漢の加害者にされることはありませんが、その場合でも両手が常に上に伸びている場合は痴漢行為をやりようがありませんから加害者にされる確率は少なくなります。

東京の満員電車では両手を下ろし他状態で、建っている人が結構いるんですけど、そのような立ち方をしていたら超満員電車の中では痴漢の加害者と間違えられた時に、それをやっていない証明が大変難しくなりますので、普段から両手を上げておきましょう。

 

 

満員電車内でカバンを手に持っている場合は片手を必ず上げておく。

 

満員電車内で手にカバンを持っている人は、出来れば肩にかけるカバンに変更をしておき、両手を常に上に挙げれる状態に改善しておいた方が良いのですけど、それが難しい場合は片手でカバンを持ち、もう片方の手で吊り輪を持つようにしておけば安心です。

他の人が使っていて吊り輪が持てない場合は、余程身長が低い人以外は吊り輪がぶら下がっているスチールのパイプのような部分なら確実に持つことが出来ますので、そこをじっと握ってカバンを両手で持たないようにしておくと、冤罪加害者を免れます。

例えば、右手で吊り輪を持って、左手でカバンを持っている場合、その状態では痴漢の加害者になりようがありませんので、絶対ではありませんが万が一の場合は痴漢が出来ないことを証明しやすくなるのですが、やはり基本は両手でバンザイをすることです。

痴漢の冤罪加害者については、それを確実に防ぐには電車を利用しない以外の方法はありませんので、それが出来ないのであれば普段から電車内で万歳突撃状態で、常に両手上げて痴漢をやっていない事を周囲にアピールしながら電車を利用していきましょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月7日 — 11:38 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme