Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

地方からの東京進出|プライバシーを保った理想のルームシェアを実現する方法

東京に進出する際、地方から東京に引っ越しをする人の職業として、無職である人はまずいません。

必ず、なんらかの職業についているはずで、正社員であったり、アルバイトであったり、ポジションは違えども自立して収入を得ているはずです。

収入が全くない、完全な無職の人が東京に引っ越そうと思っても、最初の住居の契約すらできませんし、その後の引っ越しや生活もできないからです。

スポンサードリンク




職業無職で、収入がない人に対して特別優しい待遇をしてくれる東京ではありませんからね。

唯一の例外としては、両親やご実家が資産家であり、全て両親の名義や金銭的負担をしてる場合だけです。

その場合で、東京に引っ越すであれば、別に無職でも可能でしょうけど、そういった特殊な人は大抵、親族企業の役員になっているはずです。

親バカもここまでくると神の領域に迫っているような勢いですが、本当にバカの見本市のような話ですね。

ただし、地方では普通にこのような親バカな経営者が沢山いて、アルバイト以下の経験と才能しかないのに、普通に会社役員として君臨している話は普通に多いのです。

いわゆる、会社を私物化している行為ですし、所得は少なくして、会社の経費でやりたい放題している人たちも沢山います。

実際は、雇われている社員たちがサービス残業や、将来性のない仕事を一手に引き受けて、なんとか会社を保っているだけなのですけど、そういったダメな同族企業に雇われている社員の方こそ、早く独立して、東京に進出するべきだと思います。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


まあ、バカ親の子供は、所詮親に似て生まれてきますから、会社の役員の立場で、何かすると余計に会社の運営に問題が出るので何もしないほうが良い人です。

会社の役員として名義だけ登録しておけば、あとは親の七光りによって勝手にお金が入ってくるといった生き方の一つですが、それがいつまでも続くわけではありません。

日本の会社は創業者が大きくして、2代目が傾かせて、3代目が潰してしまうといった話がありますが、まさにその通りだと思います。

そのような、親の七光りで実際には無職なのに、役員として全額会社の負担で東京に引っ越している人も実際にいますが、殆どの人はそうではありません。

みなさん、自分の実力と努力によって、地方から東京に引っ越してくる訳ですから、その際にはより幅広い知識があったほうが良いのです。

しかし、東京進出はお金がかかるのが世の常ですし、少しでも快適なマンションを契約したい人が殆どでしょうから、この相反する欲求を実現できる人ほど、賢い人になるかと思います。

快適なマンション=家賃が高いマンションであることが多いので、諦めている人もいらっしゃるかもしれませんが、ルームシェアを行えば複数で一つの契約ですみますから、家賃が実質的に安くなりますし、海外では普通に行われている契約の一つです。

欠点としては、ルームシェアはプライバシーが守られないとか、信用できる相手でないとトラブルばかり巻き起こすといった問題があるのですが、それを確実にクリアする方法が東京のマンションには存在します。

今回はプライバシーを守る東京のルームシェアについてご説明したいと思います。

続きは次回です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年4月2日 — 2:33 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme