Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

ゴミの処理が快適なマンションであれば玄関のオートロックも常識

地方から東京に引っ越すのであれば、東京で生活しないといけない理由があった方が良いものです。

当然、東京でしか実現できない仕事をするから、わざわざ地方から東京に引っ越してくるのでしょうけど、仕事だけでプライベートな時間をおろそかにしていると、ストレスが増大されたり、東京での生活が嫌になってしまうかもしれません。

一度物件を決めてしまうと、その後は簡単には変更できませんので、できれば一番最初に納得できるような物件を探した方が良いことになります。

スポンサードリンク




それでご紹介しているのがディスポーザー付きの物件になるのですが、この設備が付いている物件というのは色々とメリットのある副産物が最初から用意されていますので、優良物件を選ぶのであればディスポーザー付きの物件を選んでおけば間違いはないということです。

若干値段は高くなりますけど、ワンルーム(Studio)タイプのお部屋であれば、何とか選択範囲に収まってくれる物件も、倍率は相当高いのでなかなか空きを見ることはできないかもしれませんが、それなりにあります。

また、快適に生活出来る物件であるほど、女性が生活する際には、良いことばかりになりますから、是非とも選択肢に入れておいて欲しい物件ですね。

 

ディスポーザー付きのマンションのメリットとしては、エントランス(玄関)にオートロックが必ずついている物件である事です。

オートロックというのは、電子キーをエントランスの端末にかざすと、自動ドアが開いてエントランスから建物内に入っていけるといった機能です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


他人が来ても、オートロックでエントランスドアが閉まっているので、部外者の人は入れない事になっているのですが、案外他の居住者にひっついて入ってくるような輩もいますから、完璧と呼べるセキュリティではないように感じるかもしれませんが、実は殆ど完璧と呼べるセキュリティを装備した物件もあります。

エントランスから部屋に戻るまでに、オートロックが3箇所くらいついているマンションであれば、エントランスからエレベーターが設置されている場所までは入ってこれても、それから先には進む事はできませんからね。

高額な物件になると、自分が契約している部屋以外にはエレベーターを使っていけないようになっていますし、更にエレベーターを降りた先の居住フロアでは最後のオートロックが設置されているので、そこを開閉しないと契約者以外は入る事はできません。

実際に、例えエントランスだけに一箇所であってもオートロックがあるマンションと、オートロックが全くないマンションでは、全く安心感が違いますので、是非ともオートロックはあった方が良い機能なのですが、ディスポーザーがついているくらいの物件であれば、オートロックは確実についていますから安心です。

女性の方でしたら、生ゴミ問題から解決されるディスポーザー、安心感があるオートロック、24時間いつでもゴミが出せる物件であれば、それに魅力を感じない人はいないのではないでしょうか?

それでは次回に続きます。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年4月13日 — 1:28 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme