どうしても品川ナンバーが欲しい|安いアパートと駐車場を探すと便利

東京で育った人なら、あまりナンバーには関心が無い人が多いのですけど、地方で育った人の場合は、やはり東京に引っ越すなら品川ナンバーが欲しい人が多いようです。

ただし、実際の話としては地方から東京に引っ越してくる人は、会社は東京であっても自宅は埼玉県とか千葉県になる方も多い訳ですから、その場合は品川ナンバー以前に、東京都内のナンバー自体を取得することが出来ません。

千葉県とか埼玉県の住んでいる場合、その住所が東京の県境である場合は、住所が埼玉県とか千葉県でも、車のナンバーは東京のナンバーになる場合も有りますが、神奈川県以外で品川ナンバーにするのは難しいと言えます。

神奈川県の県境であれば、大田区が品川ナンバーですから、大田区に隣接する神奈川県内の安いアパートでも探せばギリギリで品川ナンバーを得ることはできるのでしょうけど、川を挟んでいるため面倒です。

 

どうしても品川ナンバーが欲しい場合は品川区内の安いアパートを契約。

 

品川ナンバーが欲しければ、港区内のタワーマンションでも契約すれば、必ず空きがありますから簡単に品川ナンバーを取得することができるのですが、それを実現するにはお金がかかりますので、毎月20万円前後の家賃と駐車場代を払える人で無いと厳しいと言えます。

低層マンションの場合は空きがあまりありませんし、驚くほどの高額な家賃に設定されていることが多いですから、品川ナンバーが欲しいと思っている人が契約できるような物件自体があまりありません。

タワーマンションならどの物件でも、必ずと言っていいほど部屋と駐車場に空きがありますから、その中から好きな物件を選べば良いだけなので物件の選別をする側としてはとても楽なのですが家賃が・・・。

その場合は、品川区内にある下町辺りのアパートを契約すれば、家賃は5万円前後で収めることが出来ますので、近隣の駐車場を手配すればプラス3万円の8万円前後で住宅と駐車場を確保することが出来ます。

 

毎月8万円で家賃と駐車場を維持する場合は例外なく青空駐車場。

 

ただし、この場合は青空駐車場になりますので、屋根付きとかセキュリティーが付いている駐車場を選ぶ選択肢がなくなるのですが、金額優先で考える場合はそちらについては致し方無いと言えます。

東京の品川ナンバーを管轄する地域では駐車場代は3万円前後が相場ですから、それを高いと感じた場合は、品川ナンバーをすんなり諦めるしかありませんので、潔く諦めることも重要かもしれません。

住宅の家賃をいくら節約しても、その後のかかる駐車場代は3万円前後になる訳ですから、年間36万円位の負担を高いと見るとか安いと見るか、しかもそれは青空駐車場なので余計に考える人も出てくるかもしれませんね。

虎ノ門ヒルズレジデンスの場合は品川ナンバーになるのですけど、駐車場代だけで10万円以上かかりますし、家賃も大体100万円前後かかることを考えると、同じ品川ナンバーを取得できて月8万円位ならお得なのかもしれません・・・。

よく検索できている、品川ナンバーを所得するために車庫飛ばしをしたい方が多いようですが、そんなことをしてまで品川ナンバーをつける意味があるのかをよく考えてみてください。

単純に、自分の生活に見あった車のナンバーが行政から付与されるだけの話なのです。

Updated: 2016年1月21日 — 1:57 AM