東京でランドクルーザー200を所有|駐車場に注意

トヨタが世界に誇る高性能なクロカン4WDと言えば、ご存知ランドクルーザー200になる訳ですが、性能の割に価格も安くデザインもよくて、悪路を余裕で走行できる条件を満たしていて耐久性も信頼性もとても高いのです。

正直言って、これで人気がでない方がおかしいくらいのランドクルーザー200なんですけど、日本国内ではその性能を使い切ることができないのが残念とはいえ、荷物や人を大量に詰めること、パワーもあり交通事故にも強いことから人気があります。

 

 

ランドクルーザー200には致命的な欠点もあります。

スポンサードリンク




 

ただし、ランドクルーザー200には一つだけ重大な問題があり、実際に所有してみれば分かるのですけど、日本全国どこに行っても駐車場に困ることになり、結果的にランドクルーザー200以外にも移動用のセダンなどを所有している人もいます。

何しろ、車幅は200cmですし、重さも2トンを超えていて、車高も高い訳ですから、機械式駐車場はもちろんのこと、平置きの駐車場も余裕がある幅の駐車場でなければ、隣の車のドアパンチの被害に会うこともあります。

 

 

ランドクルーザー200は窃盗団から大変狙われやすい車。

 

更に、海外で大人気のランドクルーザー200の重大な問題としては、盗難被害の対象になっている大変有名な車である事であり、常に窃盗団に狙われている車として、常に保険会社のランキングのトップ争いをしています。

これについては、窃盗団が100%悪い訳なのですが、日本の場合は一度盗まれてしまった車を元の状態で取り戻すのは大変難しくて、警察も種類上の捜査しかしてくれないことも多いため、犯罪者から盗まれない事が最も重要になります。

 

 

ランドクルーザー200以外にも移動用のセダンを所有する人も多い。

スポンサードリンク




 

以上の事から、ランドクルーザー200を東京で所有する場合、駐車場の問題が必ず出てくることと、窃盗被害にあわない保管場所を選ばないといけない事が必須になりますので、それの条件を満たした物件を選ばないといけません。

ついでにいてば、2台目の家族で街乗りに使うセダンを所有する場合、駐車場が2台分確保できるかも重要になってきますので、地方と違って駐車場代金が高額になる東京では、ランドクルーザー200は正直言ってお金に余裕がある人しか所有できません。

東京でランドクルーザー200を所有している人は、例外なく生活にゆとりがある人たちであり、大抵は低層マンションや一戸建てに住んでおり、そこで用意されているセキュリティーがついた広めの平置き駐車場に保管しています。

 

 

ランドクルーザー200を東京で所有する場合は仕事を頑張りましょう。

 

ですから、予算ぎりぎりで東京で無理をしてランドクルーザー200を所有しようと思っても、保管場所そのものが用意できない事が多く、青空駐車場でも毎月50000円とか30000円の費用が必要になる上に、ランドクルーザー200を青空保管はかなり危険をともなります。

窃盗団から保管中のランドクルーザー200を守る事ができて、車幅200cmの車を止めてもゆとりがある、平置き型のセキュリティー付きの駐車場を完備したマンションになると、森ビルとかラトゥール系の高額物件が適切になります。

いずれにせよ、お金が厳しい場合は、ランドクルーザー200ではなくて、プラドを選んでおけば、機械式駐車場にも保管できますから、一般的なタワーマンションが金銭的にぎりぎりの人にはそちらが限界になるでしょうか?

ランドクルーザー200はとても良い車なので、所有したい人は仕事を頑張りましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年10月28日 — 4:45 AM