東京の自動車盗難対策|殆ど必要がない理由について

ここ最近、日本国内でも自動車盗難事件が多発していて、被害者の方は大変悔しい思いをしている上に、警察に被害届を提出してもおきまりの書類の作成だけであり、その後は真剣な捜査をしていただけないことも多い為、更にダメージが突き刺さります。

ただ、警察も予算や人員の関係がありますので、何でもかんでも被害者の希望通りに対応は当然できませんから、自動車盗難事件について全てを警察に解決させようと思うのは無理がありますので、各自で自衛や対策を行わないといけません。

 

 

窃盗団やDQNに盗まれた車が元の状態で戻ってくることは少ない。

スポンサードリンク




 

また、一度窃盗団やDQNに盗まれてしまうと、まともな状態で戻ってくることは殆どありませんので、部品を取られて消火器を室内にばらまかれていたり、そのまま海外で見つかったりなど、その際の手間暇や苛立ちも半端ではありません。

更に盗まれた車を犯罪者などが運転していて、一般の人をはねてしまった場合、その際の保管方法によっては車両の持ち主が責任を負わないといけなくなりますので、そうなってしまっては余計なトラブル巻き込まれることにもなりかねません。

そのような状況がありますから、自動車盗難対策としては、自動車を保管中に窃盗団に盗まれないことが重要であり、その際の防衛手段を適切にとることがコスト的にも一番早いことになります。

日本の場合、世界的に有名なGTA5のように、運転中に窃盗団が車内に入ってきて車を盗むような大胆な犯罪は殆どありませんので、保管中の盗難やイタズラ対策を重点的に行うことになります。

 

 

東京での自動車盗難対策については必要がない?

スポンサードリンク




 

では、実際に地方から東京に引っ越す場合、東京のマンション駐車場などで車を保管する場合、盗難対策が必要なのかと言えば、経験上殆ど必要ありませんし、保管場所によっては鍵をロックする必要もありません。

東京といえば、窃盗団が沢山暗躍しているイメージがあるかもしれませんが、実は地方よりも安全に車を保管できる条件が整っているケースが多い為、駐車場に保管中は特に窃盗事件について意識する必要もないということです。

その理由としては、そもそも東京の駐車場というのは機械式駐車場が圧倒的に多い為、そこで保管している車を盗んだりイタズラしたりするのは殆ど不可能ですし、平置き型の駐車場のみを用意している高額物件の場合、外部の人間が駐車場に侵入することすらできません。

駐車場のセキュリティーゲートが複数用意されているのも高額物件でしたら普通です。

 

 

外出先では人通りが多い場所にある駐車場が便利です。

 

ですから、東京の場合は保管中に盗難事件の対策をする必要が殆どないことが多いのですけど、出先などで適当な場所に駐車しておくと、車上荒らしや盗難事件の被害に会うこともない訳ではありませんから、信頼できそうな場所に保管するのが基本です。

東京の道路の脇にはコイン式のパーキングが沢山ありますけど、そこに車を駐車していた場合、常に人通りが途切れない目立つ場所にあることが大半なので、まず盗まれたりすることはありませんが、セキュリティーはないよりかはあったほうが良いです。

渋谷などの繁華街であっても、人通りが少ないコインパーキングの奥などは、東京都内でも車上荒らしや窃盗被害が発生することもありますので、なるべくそういった場所は避けておいたほうが無難ですね。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年10月31日 — 1:37 AM