機械式駐車場で車の出し入れが出来ない|どうすれば良い?

地方で生活をしている人の場合、車を利用している人が圧倒的に多いのですけど、その場合でも車を運転する際にはある程度のキャパシティが設定されていることが多いことが殆どです。

例えば車庫入れなどでも実家の空きスペースを使う場合、それほどシビアな車庫入れになることはありませんし、駐車場も広めのスペースをとっていることも多いです。

まあ、状況や環境により地方でもありえないような結構シビアな車庫入れをしている人もいますので、地方の方が車庫入れにゆとりがあるのは大体の大雑把な話になるでしょうか。

スポンサードリンク




しかし、東京の場合は住宅事情がかなり異なっていますので、車庫入れになると全体的にスペースが極端に狭かったり、周囲の視界が悪かったり、そもそも機械式駐車場の狭いスペースに車を入れる必要があったりなど、運転に自信がない人の場合は、色々と大変なことが多いのです。

結構多いのが、車庫入れが苦手な人が機械式駐車場での車の出し入れが苦手でうまくできない話であり、地方の実家では何とか車の駐車ができていたのですが、東京に引っ越した先で機械式駐車場だった為、苦労してしまっているといった話です。

この場合は、車両感覚を持つ以外に解決方法はありませんが、ある程度簡単に機械式駐車場をしっていれば、実際に現地で車庫入れをする際に困ることはないとは思います。

 

 

機械式駐車場に慣れていない人は圧迫感を感じているだけ?

 

実際に、地方である程度の運転をしている人であれば、流石に車を駐車場に止めれないような人はいないとは思いますが、地方である程度の広い駐車場を利用していた人が、機械式でスペースが決められている駐車場を利用することになると、その見た目で参ってしまうこともあるようです。

ですから、別にこれまでと同じように駐車場を利用すれば良いだけですし、基本的に機械式駐車場は前から入っていくことが多いですから、バックをしないで良い分、他の駐車場よりも楽に止めることができるのです。

車両を止めるパレットの横幅が決められていて、そこにきっちりと止めないといけませんし、パレットをはみ出るような運転をしてしまうと、車がパレットに乗り上げてしまいますから、単純に圧迫感を感じでいるだけであることもあります。

スポンサードリンク




早い話が、機械式駐車場が苦手な人というのは、単に慣れていないだけや、特定のスペースに必ず止めないといけない圧迫感に参っているだけであることが多い為、簡単なコツをつかめば、それほど難しい話ではないのです。

 

 

機械式駐車場を契約する際の契約書を事前に確認しておきましょう。

 

東京で良く見かける機械式駐車場の場合、実は普通の駐車場よりも、車庫入れが簡単であることを理解すれば、特に苦手意識はなくなるのですけど、あの見た目の圧迫感に戸惑ってしまう人も多いようです。

この場合、車検証に書かれている車両の横幅が機械式駐車場で決められている横幅を超えていることは絶対にありませんので、運転席側から見てタイヤがパレットの内側に入っていれば、まず普通に車庫入れをすることができます。

機械式駐車場を契約する際には、必ず車検書のコピーが必要になりますから、その時点で車幅がオーバーしているような車、高さや重量がオーバーしている車は管理会社が契約をしてくれません。

また、契約をしていない車を機械式駐車場に止めるのは重大な契約違反になってしまいますので、今一度駐車場の契約書を確認してから、利用しておいたほうがもしもの時に損害賠償などを請求されなくて済みますので安心感があります。

 

機械式駐車場で簡単にうまく出し入れをする方法とは?

 

契約していない車を無理やり機械式駐車場に入れようとして場合、警告ランプが点灯する安全装置がついているのですが、それらを当てにするのではなくて、最初から契約を破棄するような利用方法をしないほうがどう考えても安全です。

機械式駐車場で簡単に出し入れをする場合は、運転席側から前を見て、タイヤがパレットの内側に入っている時点で、ぶつけたり乗り上げたりすることは絶対にないので、単純にその確認をするだけで普通に出し入れをすることができます。

圧迫感に惑わされずに、落ち着いていつも通りの運転をすれば問題ありませんが、万が一機械式駐車場で車の出し入れが出来ない場合は、教習所に行って車庫入れの練習をしておいたほうが無難です。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年4月4日 — 7:00 AM