賃貸マンションの家賃を安くする方法はエアコンの設置?

東京ではあまりに不動産の価格が高すぎることから、賃貸マンションやアパートを契約する人が圧倒的に多いのですが、その際に地方と比べるとどう考えても家賃が高いだろう?って感じる人が殆どで、特に地方から引っ越しをする人ならそう感じる筈です。

その際に大家さんとか管理会社と家賃交渉をすれば家賃が安くなるってことを知らない人も多いのですが、日本人の場合は家賃を交渉してやすくするって感覚がない人が圧倒的に多いので、これから東京に引っ越しをする人であれば是非家賃交渉をしましょう。

家賃の交渉をする際には、いろいろな要素があるんですけど、その中で賃貸住宅の特徴としてエアコンがついていない物件であれば、特に大家さんと交渉をすれば毎月の家賃を安くすることが出来る場合がありますので、エアコンの有無を確認しましょう。

スポンサードリンク




 

 

賃貸マンションの家賃を安くする方法はエアコンの設置?

 

エアコンがない賃貸マンションの場合、エアコンを入居者が取り付けて契約期間中に使うことになるのですが、このエアコンが結構曲者で、エアコンを自分で購入して取り付けないといけないのですが、退去時には原状回復のため撤去しないといけません。

エアコンの取り付けや取り外しは簡単そうに見えて、結構難しくて資格を持っている人に真空引きを行い、取り付けや取り外しをする際には素人では出来ませんし費用もかかりますし、ないより取り外したエアコンって相当邪魔になるので面倒なのです。

ですから、エアコンがないマンションやアパートに引っ越しをする場合、大家さんとか不動産会社に対して退去時にエアコンを差し上げますので、何とか家賃を安くしてくれませんか?と相談をすると、結構家賃交渉に応じてくれることがあるのでお薦めです。

スポンサードリンク




 

 

一度部屋に取り付けたエアコンを取り外すのは本当に面倒です。

 

賃貸マンションにエアコンを購入して取り付ける場合、もちろん最初の初期費用についてもお金が必要になるのですが、その後に引っ越しをすることになった場合、また専門の業者を呼んでお金を払って真空引きを知ながらエアコンの取り外しが必要です。

また、エアコンって壁につけてる時は小さく感じるんですが、実際に取り外すと相当大きく感じますし、重くて邪魔で梱包用のダンボールもその時には処分してしまっている都合上、どうしても扱いに困ることになりますので、出来れば処分したい訳です。

だったら、引越し時に大家さんにエアコンをプレゼントするので、家賃を下げて欲しいと交渉をすると案外大家さんも対応してくれることが多くて、私の友人は学生時代に60000円の家賃のアパートを55000円に知ていただいたので、かなりお得でした。

 

 

勝手にエアコンを取り付けたままだと問題になることが多い?

 

案外、勘違いしている人が多いんですが、エアコンはせっかく取り付けたので、部屋を出る時にはサービスで勝手に置いていっても問題ないだろうって話なんですけど、実はこれには大変な問題があり、原状回復ってのをやっておかないといけなくなります。

原状回復というのはその名の通り、元の状態に戻すって意味ですから、そのまま取り付けたエアコンを外して元通りにして低居を知ないといけなくなる都合上、どうしてもエアコンだからつけっぱなしでそのまま放置しておけばよいというものではありません。

退去時にエアコンの取り外しでトラブルになるとか、別にそのまま放置して問題がない場合でも、引っ越す前に大家さんとエアコンの件で家賃交渉を知ておけば、友人は毎月5000円安くなりましたし、退去時も余計な労力が必要なかったのでお薦めですね。


スポンサードリンク






Updated: 2018年1月17日 — 10:30 午後