Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

タワーマンションに20代で住むには転職か起業するしかない?

地方に住んでいる人でしたら、なるべく若い20代の時に東京に引っ越しをして、大きなタワーマンションに住みたいとか、六本木ヒルズレジデンスの最上階に住んでみたいとか、色々と野望を持っている人も多いのですが、現実問題としてはどうでしょうか?

ただし、実際に地方から東京に引っ越しをして20代でタワーマンションに住んでいる20代の若い人ってそれ程いないのでは?と思うかもしれませんが、実際には結構いるようで、普通の会社員で20代の人が都内の家賃20万円位の物件に住んでいます。

流石に六本木ヒルズの最上階は家賃500万円クラスになりますから、相当な悪いことをしている人とか、株や為替でボロ儲けをしている人位しか借りることは出来ないくらいの超高級物件ですけど、一般的なタワーマンションならそれ程家賃は高くありません。

スポンサードリンク




 

 

タワーマンションに20代で住むには転職か起業するしかない??

 

20代で東京都内のタワーマンションに住むにはある程度のお金を自分で稼ぐか、それか優良企業に転職をしてその会社に家賃負担をしていただくか、それとも両親の支援を受けて都内でタワーマンションで生活をするか?、等色々な選択肢があります。

何れにせよ、田舎のアパートと比較すると東京のタワーマンションはそれなりの家賃や敷金、年収などが必要になりますのでmある程度のお金が必要になり、普通のタワーマンションでしたら1LDKで家賃20万円位もあれば結構な物件を選ぶことが出来ます。

お金があるのなら自分でタワーマンションに引っ越せば良いですし、20代でお金が無いのであれば、一番良いのは会社が家賃負担をしてくれる会社に転職をすることであり、結構多くの20代の人がこの方法で東京都内のタワーマンションに住んでいます。

 

 

東京の会社は20万円くらいの家賃負担をしてくれる会社も多い。

 

東京には色々な会社がありますので、超ブラック企業もあれば、超優良企業もある訳ですが、東京の会社は年齢が20代でも家賃を20万円位は補助してくれたり、タワーマンション等の物件を用意してくれる会社も多いので、転職をすれば一番話は早いです。

スポンサードリンク




何れにせよ地方の人が東京のタワーマンションに引っ越しをするには、転職をするか起業をするしかありませんし、起業をして成功をした状態でタワーマンションに住むってのは想像以上に難易度が高いので、転職をしてタワーマンションに住むほうが楽です。

ただし、家賃補助とかタワーマンションを住宅として提供をしてくれる会社は、誰でもOKとか、誰でも出来る簡単な仕事ですって感じの会社ではなくて、本当に仕事ができる人しか当然ですが、そのような待遇で雇ってはくれないのはまあ、普通です。

 

 

起業をしてタワーマンションに住むより転職のほうが楽な理由とは?

 

東京で起業をしてタワーマンションに引っ越しをしたいと思っても、実際には無職とか不安定な職業の人にタワーマンションの部屋を貸してくれる不動産会社は殆どいませんし審査も厳しくなっているので、起業前にタワーマンションに引っ越すのは無理です。

それを考えると、やはり一番良いのは転職をして会社の信用とか会社の資金を利用してタワーマンションに引っ越しをする方法であり、この方法であれば、金銭的な負担やリスクも大変少ないので、20代でタワーマンションに住むには転職が一番早いです。

実際に20代で都内のタワーマンションに住んでいる人の殆どは、優良企業に就職をしたり転職をすることにより、審査や敷金などの負担も無しで都内のタワーマンションで生活をしていて、起業で成功をして居る人のほうが圧倒的に少ない印象があります。

株式投資などと同じで、知識がある人であれば世の中を上手く渡り歩いて、自分の負担を少なくして都内のタワーマンションに20代で住むことが出来ますが、知識がない人はいくら考えてもそれが実現することはないので、一度よく検討してみましょう。

タワーマンションに住むための転職方法


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年2月8日 — 4:02 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme