東京ではシェアハウスよりもタワーマンションのほうが家賃が安い?

最近、やたらシェアハウスってのがテレビなどのメディアで取り上げられていて、いかにも楽しい生活をしている若者たちとか、格安で快適な生活をしている若者たちが取り上げられていて、普通に個人でマンションを借りるよりも素晴らしい感じでしょうか?

これはあくまで広告費を支払ってメディアなどが正確をした宣伝プロパガンダ広告であり、実際にシェアハウスと個人でマンションを借りた際にどちらが良いかについては考えるまでもありませんが、当然ながら個人でマンションを借りたほうが良いです。

何しろ、知らない人たちと複数で同じアパートやマンションで生活をするってのは想像以上に苦痛やストレスを感じることになりますし、そういった生活が好きな人なら別かもしれませんが、個人でマンションに住むときにはありえないトラブルもあります。

スポンサードリンク




 

 

東京ではシェアハウスよりもタワーマンションのほうが家賃が安い?

 

シェアハウスと個別で借りるマンションのどちらが良いのか?、そちらについては好みの差もあるかもしれませんが、それは似たような物件を比較した場合の話であり、シェアハウスのアパートと駅直結のタワーマンションを比較した場合はどうなるでしょう?

答えは考えるまでもありませんが、家賃6万円位で借りるシェアハウスのアパートよりも、駅直結のタワーマンションを個別に借りるほうが誰が見ても良いわけで、その際に問題になる家賃の差額についても、実はタワーマンションの方が安い人も多いです。

実際に家賃20万円以上の相場のタワーマンションに家賃が無料に近い金額が5万円前後の金額で住んでいる人も結構いて、知らない人と一緒に生活をしているシェアハウスよりも駅直結のタワーマンションの方が家賃が安い事実を知っておいたほうが良いです。

 

 

東京には仕組みを知っている人が得をする仕組みが沢山あります。

 

日本で最もインフラが整備されている東京ではお金がある人であれば、最高に楽しい生活が出来る環境が用意されていて、お金がない人は逆に悲惨な生活をしないといけなくなるのですが、仕組みを知っている人と知らない人も同様に大きな差が出てきます。

スポンサードリンク




ですから、テレビなどの歪曲されている情報だけを真に受けている人は、東京では家賃が高すぎるのでシェアハウスでの生活が素晴らしいとか、テレビや雑誌の情報だけで物事を判断してしまいがちになるので、その時点で人生をものすごく損をしています。

頭の良い人達はシェアハウスが知らない人たち共同で、建物自体の作りもボロくて家賃が6万円とか7万円と聞けば、なぜ?そんなところに住んでいるのか?真っ先に首をかしげる人が大半であり、その理由はもっと安い家賃で良い物件に住んでいるからです。

 

 

東京に引っ越しをしてくるなら家賃を自分で払わない方法を考える。

 

これから地方から東京に引っ越しを検討している人に知っておいてしほしいのが、東京では頭の良い人や情報量の多い人ほど、自分で家賃をなるべく支払わないようにしているので、実は物価が高くてもあまり関係なくて、シェアハウスよりも格安なのです。

駅直結の1LKDのタワーマンションが家賃5万円で借りることができれば、普通は知らない人と共同で過ごすシェアハウスに家賃6万円以上払って住む人はいないでしょうし、タワーマンションの方が圧倒的に快適な環境ですから、全てにおいて上なのです。

20代でも都心の一等地のタワーマンションにシェアハウスの家賃よりも安い金額で住んでいる人は、例外なく会社の経費で家賃を落としている訳で、自分が経営者でなくても東京には家賃補助をしてくれたり寮を用意している優良な会社が多いのですね。

 

 

東京に引っ越しをするのであれば優良企業に転職をするのが一番。

 

そのような事実を知らずに、テレビや雑誌などの広告番組の情報を真に受けてしまって、シェアハウスは素晴らしいとか安く住めると勘違いしている人と、より広い視野で多くの情報を知っている人の生活レベルに差が出るのは当然かもしれません。

東京に引っ越しをする場合、なるべく住む場所を提供してくれる会社を選んで転職をするべきであり、20代で都内のタワーマンションに格安で住んでいる人と、シェアハウスに7万円以上の家賃を支払っている人との違いが何かといえば情報量なのです。

東京の企業に転職する際には住宅手当があるかを確認する


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年2月20日 — 1:36 PM