快適な東京のマンションで生活をした人が地方にUターン出来る?

地方から東京に引っ越しをした人である程度のマンションで生活を始めると、あまりの快適さに驚く人も多いのですが、何しろゴミ出しは24時間可能で、ディスポーザーも用意されていて、近くにはスーパーが24時間営業をしている等とても快適環境です。

地方の場合は、ゴミ出しにも制限があることが殆どで、生ゴミをそのままキッチンの流し台で処分できるディスポーザーがついている物件自体が殆どありませんし、近くに24時間営業をしているスーパーなどもありませんので、全然環境が異なります。

他に東京は莫大な税金を使ってインフラ整備をしている状態ですから、地方よりも生活をするのには便利な環境であることが多くて、移動をするにしても車も必要なく公共機関の電車を使って快適に移動ができますし、建物自体の設備も素晴らしい感じですね。

スポンサードリンク




 

 

快適な東京のマンションで生活をした人が地方にUターン出来る?

 

東京で有名な超高級賃貸である六本木ヒルズレジデンスとか元麻布ヒルズ等は別格としても、ある程度の品川Vタワーとか勝どきビュータワー等の駅直結マンション快適物件で生活をしていた場合、その快適環境が当たり前になってしまうことになります。

その環境に慣れてしまった人が、何らかの理由により例えば、実家の両親の介護をしないといけなくなるとか、実家の家業を継ぐことになったとか、何かしらの個人的な理由で地元に戻らなくなった場合、快適な生活を捨てて無事に戻ることは可能でしょうか?

実際に東京でそういった環境で快適生活をしていて地元に戻った友人も沢山いますけど、確かに快適な環境を捨てることになるのかもしれませんが、別にそれに固着する必要性もなくて、なぜ?東京から離れることになるのかのほうが重要な判断になります。

スポンサードリンク




 

 

都心のほうが快適な生活でも元々地方で育った人なら問題ないのです。

 

東京は元々、地方出身者の集まりになりますから、多くの人が子供の頃から地方で育っているので、仮に東京の快適なマンションの生活に慣れていたとしても、それが当たり前であったとしても、元々の地元にUターンをするのは全く問題がありません。

快適なマンションの生活が云々よりも、地元に戻らないといけない理由の方が重要になるわけで、それ以上の快適生活をしている六本木ヒルズレジデンスや虎ノ門ヒルズなどで生活をしている人は別かもしれませんが、やはり地元に戻る理由のほうが重要です。

東京で家賃20万円以上の駅直結マンションで生活をしていた人も、結婚とか離婚とか、実家の家業を継ぐなどでUターンをした人が結構いますけど、東京での快適生活を捨てることになっても特に気にすることもなくそのまま地元に引っ越して行きました。

 

 

東京で生活をしていた配偶者の女性には厳しいことも多くなる?

 

ただ、東京に地方から上京をした男性が、東京生まれの女性と結婚をした場合、その後に両親がいる実家にUターンで戻ることになった場合、東京生まれで快適なマンションぐらしをしてきた女性にとっては、田舎へのUターンはかなりの抵抗があるようです。

田舎の場合近所の付き合い等は必須になりますし、防音マンションでプライバシーが守られることもなく、スーパーへの買い物も24時間可能ではなくなり、趣味で色々と通っていた都内のお店などにもいけなくなり、かなりのストレスが溜まるようです。

このあたりは人間はあらゆる環境に適用できる能力がありますので、田舎の綺麗な空気の素晴らしさとか自然の豊富さに慣れていくのが良いのかもしれませんが、どのような快適な環境に慣れていても地方出身者なら特に問題になることはないようですね。

東京で生まれ育って快適な環境しか知らない人の場合は、若干話しが異なってきますから、よく考えて行動をしないといけなくなりますので、東京生まれの女性と結婚をした男性の場合、将来的に地元に戻る予定であるならその辺を考慮しておくと良いですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年2月19日 — 11:48 AM