Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

首都高速の運転で自信がない場合は初心者マークが効果的

東京では運転免許証を持っていても駐車場料金を代表として、車を所有すると維持費が余りに高価すぎるので、それ故に車を持っていない人も多いのですが、都内では案外車が必要になることが多いので、その際はレンタカーやカーシェアリングを利用します。

しかし、運転免許証を取得して5年以上経過しているゴールド免許の人でも、普段から車は全く運転していませんので、ペーパードライバーの人が大変多くて、ゴールド免許でも車の運転は車庫入れすら苦戦する人が本当に多いので事故なども多くなります。

更には、東京やその近辺の道路は慢性的に混雑をしていて、車線変更はや普通の運転そのものもペーパードライバーの人には厳しいものがあり、首都高速を運転する際にはレーン変更が初心者の人には本当に難しくて、運転そのものに恐怖する人が多いのです。

スポンサードリンク




 

 

首都高速の運転で自信がない場合は初心者マークが効果的。

 

首都高速を運転する際にどうしても特有の大渋滞やレーンの移動変更の難しさが怖いので、なんとかしたい場合の対処方法としては初心者マークを貼っておけば、普通に他の車が避けるようになりますので、余程運転が下手な人以外は安心して運転が出来ます。

実際に車の前後に初心者マークを貼り付けて首都高速を何度も運転してみた結果、必ず他の車が嫌がって避けるように車間をとってくれますし大渋滞時のレーンの割り込みでも安心して行えますので、これほど便利な初心者マークを利用しない手はありません。

初心者マークが貼られている車は、東京では相当危険な車と認識されることも多くて、それで殆どの運転をしている人が、その様なマークを貼り付けている車を見たら避ける傾向にありますから、車間は取ってくれるし割り込みも簡単にできるのでお得です。

スポンサードリンク




 

 

初心者マークを貼っている車を見たら殆の人が近寄らない?

 

東京ではペーパードライバーが多いことを知っている人も多いのですが、ペーパードライバーの人はゴールド免許であることが多くて、初心者マークを貼る義務がありませんから、外から判別をするのが大変難しいのですが、初心者マークがあれば分かります。

初心者マークは免許を取得してから一年以内人が、自分は免許取り立ての初心者であることを外部にアピールするために法律で車の前後に貼り付けることが義務付けられている訳ですが、ゴールド免許の人でもペーパードライバーなら完全に初心者になります。

また、初心者マークを貼っている車には一定距離近寄ってはいけないとか煽ってはいけないとか、なるべく近寄らないように決められていますが、それ以外にも車をぶつけられると困りますから、普通の人であれば、初心者マークを車を避ける傾向にあります。

 

 

首都高速の運転は60キロ以下で運転していれば大丈夫です。

 

知らない人も多いのですが、首都高速道路は高速道路ではなくて、自動車専用道路扱いになるので、法定速度の時速60キロ制限が適用されていて時速100キロで運転をしていると白バイや覆面パトカーにすぐに見つかってしまって反則金や罰金を請求されます。

湾岸道路だけは流石に時速60キロ制限をしてしまうと、余りに効率が悪すぎますので、時速80キロ制限になっている訳ですが、それでも実際には時速100キロ以上で走行している車ばかりなので、制限速度の意味すら無くなっているのが首都高速ですね。

初心者マークを貼るのが嫌な人でも、時速60キロ以下で左側のレーンを運転していれば、余程のことがない限り首都高速で交通事故を起こすことはありませんので、無理をせずに出来れば初心者マークを貼り付けてペーパードライバーをアピールしましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年4月18日 — 6:14 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme