東京でお米を安く購入するなら半額のマルエツ?

東京都内でお米を安く購入したい場合、マルエツに行けば頻繁に50%割引の半額セールでお米を販売していますので、その際に半額シール付きのお米を買えば、コシヒカリとかあきたこまちの5キロで1200円前後で購入できることもあり、かなりお得です。

マルエツでは最初に20%割引、30%割引のシールから貼っていき、最終的に半額のシールを貼って精米から1ヶ月間経過する前に店内のお米の在庫を処分しようとしますので、そのタイミングでマルエツでお米を買うと普通にお米を購入するよりもお得です。

ただし、それを狙っている主婦の人も多く、平日のお昼くらいに行かないと半額のシールが貼られてしまった後、直ぐに売り切れることもありますし、30%割引の段階で購入していく人もいますので、いつも半額シールが確実に貼られている訳でもないです。

スポンサードリンク




 

 

東京でお米を安く購入するなら半額のマルエツ?

 

マルエツですけど、普段、お米は他のスーパーより若干割高かな?って価格設定にされていることが多く、定価だとあまり購買意欲がわかないのですが、定期的に特定のお米のセール販売をやっていますので、その時でしたら定価でも納得できる価格帯です。

まあ、マルエツが気前よくお米を半額にするってのを知っていると、確かに精米したばかりで新しいお米を普段より安く買えるとは言え、マルエツで買うなら半額って感覚になってしまうこともありますので、余程、お米が必要な場合以外はスルーでしょうか?

他に頻繁に半額にお米を半額にするスーパーと言えば、品川シーサイドが結構有名で、イオンってあまりお米の半額セールはしない感じなのですけど、品川シーサイドだけは以前から頻繁に半額セールをやっていて、以前はここで纏めて購入していました。

スポンサードリンク




 

 

マルエツでお米が半額になるのはいつ頃なの?

 

マルエツでお米に半額シールがはられる時期ですが、いつって確実に決まった日時に半額シールが貼られているのではなく、精米から1ヶ月以内に店頭のお米を売りきらないといけないようなので、陳列されているお米の精米日をチェックする感じですね。

一般的にお米は精米から1ヶ月経過すると味が悪くなると言われていますが、別に底まで拘っていない人でしたらそれ程問題になることはありませんけど、マルエツの立場からしたら精米から1ヶ月経過したお米を店頭で売りたくないってのがあるのでしょう。

また、いきなりお米に半額シールが貼られる事は殆なく大抵は20%、30%割引のシールが先に貼られて、それでも売れ残ったお米に半額シールが貼られていく感じで最後に一斉に在庫の投げ売りが始まりますので状況次第では30%割引で購入がお勧めです。

 

 

普段定価でお米を買うなら圧倒的にOKストアが安いです。

 

しかし、毎回上手くマルエツで半額のお米が購入できるわけでもなく、結構それを狙っている主婦の人も多い感じなので、タイミングによっては何回マルエツに行っても半額のお米がないとか、品川シーサイドのイオンに行っても同様にない場合があります。

その際には最初から定価で安定して安いお米を売っているスーパーで買ったほうが手っ取り早いので、それだと都内の殆どのスーパーを回ってみた感じ、都内で一番安いのはOKストアってことになりますし、精米から数日以内で1700円位で5キロが買えます。

日本人の場合、何かとお米が必要になりますし、主食なわけですから、できるだけ安くブランド感のあるあきたこまちとかササニシキ、最近ではななつぼしなどを購入したいって人が多く、増税で節約が必須になるのが確実なので、マルエツの半額は偉大です。

最近では、お米は5キロでも重たく、10キロになると普通の女性では簡単には持てないくらいの重さですから、Amazonでお米を購入する人も多くなっていますので、今後は重たいお米はAmazonで購入するって人が増えてくると価格も下がるかもしれません。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年2月15日 — 5:25 PM