東京都内で冷凍食品を買うならOKストアが断然お得

日本の冷凍食品は相当な種類が市場に出回っていて、チャーハンから、コロッケ、ハンバーグや焼き鳥、唐揚げ、うどん、ラーメンからたい焼きなど、殆どの食材が冷凍食品としてスーパーやコンビニで売られていて、持ち帰っていつでも食べれる便利さです。

プロジェクトXでも取り上げられていましたが、世界で初めてまともな冷凍食品を開発したのは日本らしく、それで冷凍食品の品質はどんどん向上をしていて、スーパーい行っても冷凍食品のコーナーは相当なスペースで確保されているので必須の食品です。

価格も安く、コロッケなどでも200円位でお気軽に購入できますし、最近の冷凍食品は既に最終的な処理がされていて、自然解凍をするだけでも食べれる状態ですから、ますます冷凍食品を購入する機会が増えてくる訳ですが、冷凍食品を買うならOKストア。

スポンサードリンク




 

 

東京都内で冷凍食品を買うならOKストアが断然お得。

 

冷凍食品は頻繁に半額セール、40%割引セールで在庫処分されて売られる事が多く、それを狙って購入している人も沢山いるかとは思いますが、セールは何時もやっている訳ではないので、必ずセールのときに安く冷凍食品を購入できる訳ではありません。

以前はマルエツとかイオンで半額セールの冷凍食品を買っていたり、急ぐ場合は近くのまいばすけっと等のミニスーパーで冷凍食品を買っていたんですけど、OKストアのことを知ってからは、冷凍食品を買うならOKストアに行けば他より相当安く買えます。

マルエツで200円位の冷凍食品であれば、OKストアなら120円位で売られていることが多く、他の食材もそうなんですけど、OKストアだけがダントツに安い価格帯に設定されて売られているので、OKストアの価格を見てからは他では買わなくなりました。

スポンサードリンク




 

 

松屋の豚丼や牛丼はOKストアで300円前後で購入できます。

 

地方の人は知らない人も多いのですが、都心部では松屋って黄色い看板の牛丼屋が結構営業していて、ここは食券を購入して注文をするシステムなので、店員と余計な話をすることもなく、間違った注文が出てくることもないのと、吉野家とは違いが多いです。

以前、狂牛病の騒ぎなどで、牛丼が発売されなくなった際に豚丼ってのが吉野家とか松屋で出てくるようになり、一時期牛丼の変わりにメインメニューとして売られていたことがあったのですが、狂牛病騒ぎが終わっても、今でも豚丼は普通に売られています。

松屋の牛丼と豚丼なんですが、OKストアに行けば300円位で売られていて、1パックに3食分入っており、ボリュームは並盛りよりも少ないくらいなんですけど、それでも300円で3色分の冷凍食品にされた牛丼と豚丼が購入できるので結構人気らしいです。

 

 

冷凍食品を買いだめしなくて良いのでOKストアが便利です。

 

マルエツやイオンなどの大手スーパーが不定期で行っている、冷凍食品の半額セールについては、いつやるのか分からないことや、半額セール時に大量に冷凍食品を買いだめしてしまうと、自宅に持ち帰ってから冷凍庫に入らないってのを知ってしまいます。

基本、冷凍庫はできるだけ空っぽにしておいたほうが良いですし、焦って大量に冷凍食品を買いだめしても意味はなく、単に安いからこのときに買っておこうって感覚よりも、必要なときにいつでも格安で冷凍食品を購入したほうが精神的にも楽ですからね。

そんな訳で、東京都内に住んでいる人で、何時もまとめてスーパーで半額セール時の冷凍食品を大量に購入してしまい、その後に困ってしまう人であれば、今後は冷凍食品はOKストアで購入するって方向転換すると、かなり気分的も楽になるのでお勧めです。

冷凍食品だけでなく、鮮魚関係を除く殆どの食品や野菜、惣菜などがOKストアは他のスーパーよりも圧倒的に安くなっていて、カツ丼も300円とか30㎝の大型ピザが500円とか、ちょっと他ではありえない位の安さなので、いつも沢山のお客さんがいますね。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年2月19日 — 5:26 PM