文化堂の鮮魚コーナーからシャコが消えて困った

いつの間にやら、回転寿司から消えてしまった食材として、シャコがあるんですけど、以前はスシローやかっぱ寿司など、どこでもシャコが100円で食べれるのでよく行っていたんですけど、ある日突然、シャコが一斉に回転寿司から消えてしまいました。

シャコって昔はどこでも購入できる食材だったんですが、都内のスーパーでは購入することができず、色々とスーパーを回っていると、文化堂の鮮魚コーナーでシャコを発見したので、その後は文化堂でシャコを購入していたんですが、最近見なくなりました。

たまたま時期的にシャコを扱っていないだけなのかもしれませんので、今後、文化堂の鮮魚コーナーでシャコが復活するのかもしれませんが、シャコって田舎だと簡単に捕獲できるので、いつでもタダで食べれていたんですが、東京では入手だけでも大変。

スポンサードリンク




 

 

文化堂の鮮魚コーナーからシャコが消えて困った。

 

シャコのシーズンは春から秋くらいの期間ですので、今の冬の時期には冷凍の茹でたシャコを引っ張り出してくるしか無いのかもしれませんから、文化堂の潜魚コーナーにシャコが再度陳列されることを祈るしか無いのかもしれませんけど、シャコは美味しい。

シャコって知らない人が多いかもしれませんが、テラフォーマーズって火星に移住する漫画でモンハナシャコが出てきて、そのパンチ力の凄さと紫外線も識別できると言われている生物ナンバーワンの視力について書かれていてたので、知っている人も増えた?

イオンとかイトーヨーカ堂、マルエツやサミット、マニアックな鮮魚が陳列されていることが多い埼玉県のオオカワにもなかなか見つからない食材ですから、文化堂がシャコの取扱いを止めてしまったら、これから新しい入手先を探さないといけないので大変。

スポンサードリンク




 

 

都内のスーパーで鮮魚を買うなら文化堂が圧倒的?

 

都内のスーパーで鮮魚を購入する場合、一番お勧めになるのは角上魚類って鮮魚専用のスーパーになるんですけど、角上魚類は都内店舗は辺鄙な場所まで車で長時間かけて移動しないと行けないくらい不便なので、角上魚類を常時利用するのは殆ど不可能です。

逆に、東村山あたりに住んでいて、車を所有しているなら角上魚類は相当な鮮魚の品揃え、本格的な寿司などの惣菜も大量に売られているため、角上魚類一度になるのでしょうけど、都心23区内に住んでいる場合、鮮魚を買うなら文化堂が一番移動しやすい。

月島にもこじんまりした鮮魚に強いスーパーがあるんですけど、駐車場もありませんし、手軽に車で移動をするなら文化堂の方が良い感じで、自転車とか徒歩で移動できるなら、月島のスーパーに移動するのも良いですし、品揃えも鮮魚に特化しています。

 

 

缶詰のシャコはイマイチだったので冷凍でも良いので探し中。

 

シャコのシーズンではない冬の時期には、シーズン中に取れて湯がいていたシャコを急速冷凍して保存しているシャコが解凍されて出回っていたのでは?と思うんですが、シャコは捕まえて直ぐにお茹で湯がいて調理をしておくと、普通に美味しく食べれます。

急速冷凍に関しては、冷凍のシャコなんて食べれるか?って人も多いんですが、急速冷凍した鮮魚って案外かなり出回っていて、回転寿司などでも冷凍した鮮魚を解凍してそのまま使っていることも多く、シャコはお湯で湯がくので余計に冷凍に強いです。

そんなこともあり、文化堂でシャコが最近売っていないのでAmazonで見ていたら、なんと、シャコの缶詰ってのが売られていたので、気になって購入してみたんですけど、なんか美味しくないっていうか、変な味付けをしていて本来の風味がない感じです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年2月28日 — 4:23 PM