東京付近で大きな魚を低予算で釣れる釣り場は何処?

東京に引っ越しをした際に付近に大きな河川が沢山ありますから、釣りが好きな人は楽しみにしている人もいるんですけど、実際に東京湾付近の河川で釣りをしようと思ったら色々と大変で、お金もかかるし移動も車がないと不便なことが多く敷居が高いです。

ハゼ釣りでしたら大規模な釣りの仕掛けは必要ないですから、気軽に台場の公演や月島の屋形船が停泊しているような河川で簡単に釣れるので、釣りをしている人も多いですし、大物を狙うならアオウオを狙って10万円以上の竿で釣りをしている人もいます。

ただ、アオウオは東京の河川に定着している巨大な外来魚であり、本当に大きく凄まじい引きですからスポーツフィッシングとして一部で人気があるとは言え、簡単には釣れない魚で待ち時間も多くなりますし、何より大物用の仕掛けに凄いお金がかかります。

スポンサードリンク




 

 

東京付近で大きな魚を低予算で釣れる釣り場は何処?

 

東京湾でアオウオを釣っているヒットは、ハゼ釣りとは根本的に異なる、本格的で巨大な釣り竿に巨大なリールを設置して釣りをしているので、見れば分かるんですけど、とても高価な石鯛用の釣り竿やリール、マグロ用のロッドや仕掛けなどで大変高価です。

また、一般的な釣り対象魚ではないので、普通の人がアオウオのポイントに移動をして釣りをするだけでも大変なので、もっとお気軽に低予算で大物を釣ることが出来る釣り場がないの?と聞かれたら、一番お手軽なのは朝霞の管理釣り場が個人的にお勧め。

管理釣り場というのは、その名の通り自然の河川で釣りをするのではなく、管理された釣り堀で放流されている魚を釣る釣り場のことであり、朝霞ガーデンでしたらロッドや仕掛けのレンタルもありますし、予算も安く駐車場もあるし、都心から近いです。

スポンサードリンク




 

 

朝霞ガーデンの魚は大型魚でも簡単に釣れるの?

 

朝霞ガーデンには何度もお邪魔していますが、ここは基本的に自分の竿やリール仕掛けを持ち込めるのですが、ルアーやスプーンなどの疑似餌を使って釣りをする感じで、手ぶらでお邪魔してもお金を払えば一式レンタルしてくれるので誰でも釣りができます。

以前は結構大きな、イトウ、イワナ、トラウト等が放流されていてこんな大きなの釣れるのって友人が不思議がっていましたが、基本的にルアーの釣り方を知っている人でしたら大型のニジマスやレインボーを簡単に釣ることが出来るので、何時も大量でした。

ただし、ルアーの釣り方を知らない人、管理釣り場特有のスレた放流魚の釣り方を知らない人の場合、何時間釣りをしていても1匹も釣れないこともあるようで、若干コツが必要なのですが、これについては詳しい人にその場で聞かないと分からないですね。

 

 

結構大きなニジマスやイワナを大量に持ち帰れる。

 

大量と言っても、100匹とかではなく、節度を持って大型の30㎝オーバーのニジマスなどを5匹ほど釣った時点でそれ以上は持ち帰らないって感じでいつも朝霞ガーデンを利用していましたが、普通にこんな大きなニジマスを釣れるポイントはありません。

元々、イワナ以外は外来魚ですし、日本の自然界では釣れない魚ですから、管理釣り場で釣るしか無いのが現状で、管理釣り場なんか駄目だって人もいるんですけど、東京近郊で大型魚を低予算で釣りたいのであれば、管理釣り場が一番現実的になります。

もちろん、予算と時間がある人はアオウオを狙っても良いですし、実は東京湾は大型の深海魚が沢山釣れるポイントが多いので、船に乗って釣りに出かけてもよいのですが、かなりの予算が必要になってくるのと気軽な釣りではなくなるので覚悟が必要です。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年3月4日 — 2:59 PM