Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

OKストアで見つけたレア?豚トロ肉を買ってみた感想

最近、OKストアってスーパーのことを知り、看板を見た感じでは、安っぽいパチモノ商品を売っているようなスーパーに見えていたので、あまり期待せず入ってみたのですが、イオンや文化堂などよりも食品が遥かに安く売られているので大変驚きました。

鮮魚コーナーはかなり弱いですし、あまり安くないので、そちらには期待はできませんが、食肉コーナーは相当充実していて、毎日のようにアメリカ人が食べているような巨大なステーキ肉が格安で売られていますし、鳥のささみ肉もとても安い価格です。

それで、OKストアでしか見たことがないのですが、豚トロ肉ってのが1パック400円位で売られていて、なんでもかなり希少な部位らしくて、霜降り和牛のようなサシが沢山入っているので、ちょっと気になって購入して食べてみたのでそちらの感想について。

スポンサードリンク




 

 

OKストアで見つけたレア?豚トロ肉を買ってみた感想。

 

他のスーパーでは見たことがない霜降り和牛のような豚トロ肉なのですが、見るからに綺麗で焼き肉にしたら美味しそうだったのと、価格も1パック400円とお安い価格設定になっていたので、物は試しにと購入してみて、自宅に持ち帰って確認してみると。

なんと、パックに接している肉の裏側部分を見て驚愕をしてしまったんですけど、凄い厚みのある白い脂分の塊になっていて、それがこの豚トロ肉の厚みの半分くらいを占める割合では?と思えるくらいであり、コレがなければ薄い肉になっていた訳ですね。

なんか、パック詰めされている豚トロ肉は霜降り和牛のようなイメージだったんですが、見えない肉の裏側の部分は脂分の塊のような状態になっていて、これは見るからに健康に悪いと言うか、普通に焼き肉で焼くと相当な油が出てくるので注意が必要です。

 

 

豚トロ肉を厚みがあるマグロの刺し身にようにカットしている理由。

 

豚トロ肉は、他の豚肉と違って厚さが1cm位でカットされていて、かなり厚みがある肉って感じなのですが、実はその厚みの半分くらいは脂分の塊であり、豚トロ肉をまな板の上でひっくり返すと裏側は真っ白な油の塊にしか見えないって状況になります。

スポンサードリンク




なので、豚トロ肉は見た目を良くするっていうか、厚みを出す為に、1cm位にカットしていることや、1匹の豚からあまり取れない肉らしいので、脂分をカットして普通の肉のようにして売ってしまうと、グラム単価が高くなって割に合わないのかと思います。

豚トロ肉の半分くらいを占める脂分をカットしてしまうと、肉の重さが半分くらいになってしまい、グラム単位の価格を2倍にして販売しないと利益が出なくなるでしょうし、そうすると解体作業のコストが合わなくなるのかな?って感じになりますね。

 

 

とにかく焼くと油がすごいのでフライパンで焼くときは要注意。

 

こちらのOKストアで購入した豚トロ肉なんですが、実はその半分が真っ白い豚の脂分であり、サシの部分も脂でしょうから、フライパンで普通に焼くと凄まじい量の脂が出てくる状態になりますので、他の肉とか野菜と同時に焼かないほうが無難と言えます。

焼肉用の網で焼けばそうではないのですが、それでもすごい脂が出てきますので、コレがあれば、焼き肉の網に脂を敷く必要はないですし、野菜なども焦げ付いて張り付くこともないので、焼肉用の網とか専用の焼き肉用のフライパン等で焼くなら大丈夫です。

肝心の豚トロ肉のお味なんですが、普通に美味しい豚肉と言った感じで焼肉のタレをつけて食べるとジューシーなんですけど、火を通してかなりの脂分がなくなっているとは言え、それでも豚バラ肉とは比較にならない脂を感じますので、結構胃が持たれます。

なので、毎日大量に食べるような肉ではありませんが、たまに気分転換に食べるとか、脂分をできるだけカットしてから焼き肉の時に用意しておくと、豚肉としては臭みもなくて甘い感じで歯ざわりも良いので、1パック400円なら購入しても良いと思います。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年7月5日 — 3:11 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme