Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で雨の日の濡れた傘の電車対策はコンビニ利用?

東京で多くの人が通勤通学で利用しているのが電車になる訳ですが、通勤通学時間帯の電車は大変な混雑をしており、普段から超満員状態でイライラしている人が大半なのですが、雨が降った日には更に混雑ぶりが酷くで電車内でイライラする事になります。

その理由としては、雨の日の電車内の湿気やムンムンとした熱気が酷くて暑苦しくて息苦しいことにより、こんな通勤通学はしたくないって気持ちになるのもあるのですが、他人の濡れたカバンや濡れた傘が体や衣類に付着してしまい、それでイライラです。

雨の日の満員電車を利用する際のマナーとしては、カバンが濡れていれば電車に乗る前にタオルやハンカチなどで濡れている部分を拭き取ってから乗ることや、傘が濡れていれば傘の濡れている部分を拭き取ってから利用すると余計なトラブルになりません。

スポンサードリンク




 

 

東京で雨の日の濡れた傘の電車対策はコンビニ利用?

 

ただし、忙しくて雨の日にタオルやハンカチを持ち忘れている場合など、その場合はカバンはともかく濡れている傘をそのまま電車に持ち込むことになりますので、周囲の人の体に傘があたらなければよいのですが、万が一他人の体と密着をすると大変です。

雨の日に電車を利用している人達は普段よりも相当ピリピリとしているのが普通ですし、何度も他人の濡れた傘が自分の体に触れることになると、それだけでイライラしてしまって喧嘩や口論などになりかねず余計なトラブルに発展してしまう事になります。

なので、そのような余計なトラブルを避けるためには、駅を利用する際に付近のコンビニなどによると、大抵は入口付近に濡れ高さをシールドする傘用のビニールがおいてあり、それを無料で利用できますので、事前に駅近くのコンビニを利用すると便利です。

スポンサードリンク




 

 

コンビニを利用して傘用のビニールを拝借するのもアリです。

 

東京では雨の日になるとスーパーや商業施設、コンビニ等の入口付近に大抵は傘をシールドするビニールが無料で配布されていて、それを使ってくださいと注意書きが書かれていますので、そのビニールで濡れ高さをシールドしてから電車を利用していきます。

もちろん、コンビニやスーパー等を利用しないのに傘用のビニールだけを拝借するのは倫理的によくありませんが、コンビニを利用する際に傘にかぶせたビニールは大抵はコンビニを出る際に指定のゴミ箱に捨てるわけなのですが捨てずにそのまま拝借します。

後はそのまま駅のホームまで移動していけば、傘がびしょ濡れになっていてタオルやハンカチを忘れてしまった場合でも他人を不快にさせることなく安心して電車にのることが出来ますので、折り畳めない大きな傘を持っている人でも、トラブルになりません。

 

 

東京では雨の日の満員電車はピリピリとした人が多いので要注意。

 

通常でも東京の超満員を利用している人たちは、イライラピリピリとしている人が多いのですが、特に雨の日になると余計にそれが多くなりますので、更に大音量でヘッドフォンをつけて音楽を聞いている人が周囲にいる場合は喧嘩になることもあります。

朝から電車内で罵声や怒声が聞こえたり、鳴き声や悲鳴が聞こえたり、地方から東京に初めて出てきた人たちはその現場を見るとたいへん驚いたりストレスを感じたりしてしまいますので、それでショックで電車通勤が嫌になり地元に帰る人もいるくらいです。

別に雨が降っているんだから、傘が濡れていても仕方がないのではないか?と思う人もいるかも知れませんが、東京では人が多く集まる場所ではなるべく余計なトラブルには関わらないってのが基本になりますので、些細なことでも注意しておくのが良いです。

満員電車乗り込んで、超満員で死にそうなので、少し詰めてくださいとお願いしただけで他人から殺されてしまったり、駅の階段から突き落とされたり、とんでもない想定外のトラブルに巻き込まれることも過去に実際にあった訳ですから特に注意が必要です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年5月29日 — 2:07 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme