Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京では電車通勤よりも徒歩や自転車通勤をしている人が健康的

東京では通勤や通学をする際には電車を利用する人が圧倒的に多いのですが、最近ではそれも次第に変わってきていて、自転車で通勤通学をする人が増えてきているのですが、特に社会人の人が自転車で通勤する人が多くなっているのがよく分かります。

時間通りにやってきて、何もしなくても目的の場所まで移動できる電車は一見便利そうに見える乗り物なんですけど、都内やその周辺の電車は一部を除き常に超満員状態になっており、押し込まれる状態になるので利用する際のストレスが半端ではありません。

実際に埼玉県の赤羽駅では通勤通学時間帯の埼京線、京浜東北線の上り電車に乗ろうとすると、普通には中にはいることも出来ませんので、後ろから駅員が背中を押しながら押し込まれる形になりますから、それが毎日続くとなるとストレスが溜まります。

スポンサードリンク




 

 

東京では電車通勤よりも徒歩や自転車通勤をしている人が健康的。

 

地方の人が東京に引っ越しをする場合、電車通勤前提で駅の近くにある物件を優先的に選ぶことが多いのですが、自電車通勤であれば別に駅の近くを選ぶ必要性はありませんし、自分の好きな場所を優先して探すことが出来ますので、結構自由度が広がります。

また、都内の歩道は結構整備されている事も多くて、自転車での移動が容易になっていることもあり、地域によっては快適に自転車通勤が行えるところもありますので、立地条件によっては電車よりも快適に自転車で移動することが出来る事もあります。

自転車通勤は満員電車通勤の時に発生する多大なるストレスから解放されるというメリットが有りますし、自分の体を使って移動する訳ですから健康的で交通費もかからないので、可能であれば電車通勤よりも自転車通勤をした方が利便性は良いです。

 

 

東京の満員電車のストレスから解放される自転車や徒歩での通勤。

 

実際に都内の会社に勤めている人で、電車通勤、自転車通勤、徒歩通勤の人たちがいますけど、自転車通勤や徒歩通勤の人がストレスや過労でうつ病になった話はこれまで聞いたことがなくて、電車通勤の人ばかりが鬱病や重度のストレス状態のようですね。

スポンサードリンク




これは、自転車通勤や徒歩通勤が健康的であると言うだけではなくて、そのような通勤方法で通勤できる会社であれば、結構福利厚生などが良くて問題になることが多い、ブラック企業に該当する状態で労働をしなくても良い会社が多いのではないでしょうか?

自転車通勤や徒歩通勤で都内の会社に通勤している人は、会社の福利厚生が大変良いことが多くて、都内の一等地に格安で生活が出来る住宅を会社が提供していることが多いので、電車で通勤をすることなく自転車で毎日通勤して満員電車を回避しています。

 

 

自転車通勤のデメリットは雨の日の移動なのですが徒歩で対応。

 

普段から都心で自転車通勤をしている人に、雨の日はどうするんですか?と聞いてみると、雨の日には徒歩かタクシーで会社まで移動しているらしくて、電車は一切使わずに移動できるらしくて、タクシーを使った場合は全額会社から交通費が出るそうです。

ですから、雨の日でも全く問題がなくて、東京では傘をさした状態での自転車の移動をしてはいけませんので、雨合羽を必ず着用することになるのですが、徒歩通勤かタクシー通勤なら蒸せる雨合羽を着ることもなく、そのまま普通に通勤できそうですね。

雨の日は電車通勤でも濡れた傘が問題になる事が多くて、駅は人でごった返して何かとトラブルになることが多いのですが、徒歩通勤やタクシー通勤なら他人に気を使う必要性もありませんし、タクシーも全額支給なので普段から安心して自転車通勤ができるそうです。

やはり、自転車通勤をしている人が勤めている会社は優良企業であり、ブラック企業に努めている場合は自転車通勤で通勤することは殆どできないのではないでしょうか?

自転車通勤をしている人が健康的な人が多いのは、運動を兼ねた通勤だけではなくて、勤めている会社全体が良いので、総合的にストレスから解放されるのでしょうね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年8月30日 — 11:03 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme