東京の超満員電車は平日のみで土日はガラガラな理由

世界一の乗車率と呼ばれているのが東京の線路をいつも走行している埼京線等の電車になるわけですけど、東京の電車はいつも超満員であり、普通の神経をしていると乗ることが出来ない様なイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

あの乗車率が200%と呼ばれている埼京線であっても、超満員で駅員から無理やり押し込まれるのは平日の通勤時間帯のみであり、それ以外の時間帯はそれ程混雑をしている訳でもなくて、座ることは出来ないかもしれませんが、押し込まれる事はありません。

また、土日や祝日等の休みの日には、都内の電車はガラガラになりますので、余裕で座れるようになりますので、東京の電車はいつも大混雑をしているわけではなくて、平日の通勤通学時間帯のみ腸が就くような大混雑をしている事になります。

スポンサードリンク




その為、土日の休みの日に電車に乗ってブラブラと都内を移動してみれば、案外気分転換にもなりますし、満員電車では見えなかった外の景色をじっくりと見ることが出来ますので、ああ、こんなことがあったんだ・・・と新しい発見もできるかもしれません。

 

 

そもそも、何故?平日はあれほど電車が大混雑をしているのか?

 

東京の満員電車を見ると、地方の人が見れば信じられない光景になると思いますし、地方の電車であのような大混雑をすることはありませんし、車両が10両編成で数分おきに電車が駅にやってくる事自体が異常な事態になりますからね。

スポンサードリンク




では、何故東京の電車は平日のみにあのような駅員に背中を押し込まれるような状態になるのかと言えば、その理由はとても簡単で、東京周辺の埼玉県、千葉県、神奈川県、場合によっては栃木県や群馬県などから多くの人が東京に集まるからです。

多くの人が東京に集まる理由は勤めている会社が東京にあるからであり、東京に会社が集中していることが全ての原因になりますので、もう少し地方に分散をしたほうが良いかとは思うんですけど、現状は東京にあらゆる会社が集中しています。

ですから、東京の会社が休みになる土日になると、あれほど満員だった電車がガラガラになっている状態になるわけで、一体どれだけの人を毎日東京と園周辺の埼玉県などで輸送しているかって事になりますね。

 

 

東京都内は家賃が高くても周辺の埼玉県なら家賃も安い。

 

東京の会社に勤めているなら、東京都内の会社の近くに住めば良いと思う人もいるかもしれませんが、大抵はそういった場所というのは家賃が高く設定されていることが殆どなので、ある程度の待遇で働いている人以外は中々難しいのです。

ですから、会社は東京であっても自宅は埼玉県等の家賃が比較的安い場所を選んで生活をしている人も多くて、東京都内なら10万円でワンルームしか契約できなくても、埼玉県なら家賃8万円で一戸建ての借家を借りることが出来るのです。

基本的に、電車通勤が嫌なら都内に住んで自転車通勤などを行い、電車通勤をしても家賃が控えめで広い住宅に済みたいなら、平日の超満員電車は我慢するしかないと言った選択肢になりますので、どちらを取るかは自分次第と言ったところですね。


スポンサードリンク






Updated: 2017年3月31日 — 2:11 午前