天王洲アイル駅|地図上は便利そうでも使いにくい駅

東京都内から羽田空港に移動する際に、多くの人が利用しているであろう浜松町駅から羽田空港につながっている東京モノレールなのですが、当然途中で幾つかの駅に停車することになります。

天王洲アイル駅、大井競馬場前駅、流通センター、整備場等、地方の方でしたら、羽田空港からモノレールで都内に移動する際に、車内放送で流れるこの駅の名称を聞いても、殆どの人は何を意味するのかすら分からないでしょう。

空港快速でしたら、浜松町駅直通ですから、途中の停車駅については全く関係ないのですが、東京モノレールをあまり知らない人の場合は、空港快速以外の車両に乗ってしまうこともあるかと思います。

スポンサードリンク




地方から東京にお越しの方でしたら、羽田空港から東京都内(浜松町駅)に移動する際には、赤字の空港快速を選んで利用するようにして、その他の車両には乗らないことをお勧めいたします。

そもそも、空港利用者の目線で見れば、東京モノレール自体、羽田空港と浜松町駅を結んでいる路線であり、空港から都内に移動するための路線です。

その際の途中停車駅に関しては、天王洲アイルを除き、そこで働いている人や、ギャンブル目的で移動する人以外は、殆ど利用することがないからです。

大井競馬場駅近くの品川区の下町辺りに住んでいる人でしたら、この駅を使って羽田空港の行き来をするかもしれませんが、その他の殆どが競馬場目当ての人ではないでしょうか?

流通センター、整備場に関しては、その近辺で生活をしている人は皆無と言えますので、仕事の通勤であったり、何かしら仕事で用事がある人しか使わないですから、間違えて「普通」と表示されている車両に乗ってしまわないように注意しましょう。

スポンサードリンク




普通とは各駅停車のことで、空港利用者からすれば、全く意味のない駅に停車を繰り返しますので、イライラすること間違いありません。

このような東京モノレールなのですが、周辺に大型のマンションなども多いため、唯一例外的な扱いをされている駅が天王洲アイル駅になります。

例外をされていると言っても、東京モノレール自体がどうこうではなくて、その周辺の大型マンションが最寄駅として天王洲アイル駅をアピールしていたり、徒歩何分天王洲アイル駅、羽田空港や渋谷方面、国際展示場方面の移動が大変便利といった過剰な表示をしている話です。

実際に、GoogleMapなどで見れば、天王洲アイル駅は大変便利そうに見えますし、羽田空港への移動も便利で、東京都内へのアクセスも高速にできるため、天王洲アイル駅が最寄駅のマンションは価格も安めでいいかな?と思ったら危険なことになります。

地図では便利そうでも、現地に行けば実は大変不便といった話ですね。

よほど、天王洲アイル近辺のみで生活をするとか、車中心の移動をされる方であれば、家賃の安めの天王洲アイルを検討しても良いのでしょうけど、それ以外の方で、家賃が安めでそこそこの物件があるから天王洲アイルに決めるのは控えた方が良いでしょう。

天王洲アイルでしたら、自転車でしたらすぐ近くにある品川シーサイドを選択肢に入れていた方が恐らく良い結果になるのでしょうけど、こちらはかなり家賃が強気の設定ですから、どうしても金額的に天王洲アイルになってしまうかもしれません。

次回は、天王洲アイル駅がなぜ不便なのか?についてご説明します。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年6月15日 — 3:02 AM