電車の中でワキガの悪臭が酷い人がいて我慢できない場合

東京都内で生活をしている人の多くが電車通勤を行っていると思いますが、こちらの電車通勤においては、夏場の時期において何もしていないのにトラブルに巻き込まれたり大変不快な状態になることがよくあります。

その代表的な例がワキガなどの悪臭が酷い人が近くにて、その匂いで体調が悪くなるくらいの不快な思いをするような状態であり、当のワキガの人は全く自分の匂いに気がつかないことが多い為、その周辺にいる人たちのみが被害にあう状態になります。

こちらのワキガの問題については、当事者が自覚をしていれば適切な対応ができるのでしょうけど、当事者が全く気がついていないであるとか、その周辺の人たちが気を使って全くその件について触れない為、余計に状況が悪化することになります。

スポンサードリンク




これが閉鎖的な電車内で発生した場合は、本当にカオスな状態になりますから注意が必要になります。

 

電車内でワキガの臭いが酷い人がいたらどうしたら良いのか?

 

都内の電車を利用している際に、付近で異様な悪臭がしていて、それが特定の人のワキガが原因であると判断できた場合、すぐにその場を離れて距離をおけば、ワキガの悪臭は一定以上離れた場所までは流石に届きません。

また、そのような悪臭を放つ人が電車内にいた場合、大抵は付近に誰も近寄らない状態になっていますから、すぐに分かりますので、そういった状況の場合は何かがあると思っておいた方が無難です。

ただし、都内の電車の場合ですけど、超満員電車状態になっていることも多くて、一度乗ったら簡単には降りられない状態であり、その状況でワキガの強烈な匂いを放つ人がいたら、もう逃げ場はありません。

スポンサードリンク




この場合ですが、周辺にいる人たち全員が逃げることができない状態であっても、ほとんどの人がワキガの人に対して苦情を入れることはなく、必死で我慢をしているのが日本人らしいところです。

他人のワキガの悪臭をずっと電車内で息を止めながら我慢するのは正直言ってあまりオススメできるものではないのですが、逃げ場がない場合はどうしようもない為、その際には一体どうすれば良いのでしょうか?

 

次の駅で下車するかマスクを常に持参しておくしか対策がない?

 

電車に乗って凄まじい悪臭を放つワキガの人がいても注意することが難しい現状がある場合、その場から速やかに逃げる為にあえて次の駅で下車して電車を乗り換えるか、普段からマスクを持参しておく以外に対策法がありません。

マスクの場合は100円ショップの安物ではなくて、しっかりと口と鼻周辺に密閉するものが良いのですが、それがない場合はないよりかはマシなので、普通のマスクを使うことになります。

一般的な形状のマスクでしたらそれほど効果がある訳ではないのですが、常にカバンに入れておいても邪魔にならない為、何が起こるかわからない東京の電車通勤ですから、一応常に持参しておくと便利です。

他人のワキガの悪臭で体調不良になるくらいならハッキリとその人に対してその件の苦情を入れると良いのでしょうけど、なかなかそれが出来る人はいませんから、何かあればご自分からその場を離れる以外になかなか対策がないのが現状です。

できれば、ワキガの発生源になっている人のご家族がその件を指摘して病院などに行きワキガを改善していただけると良いのでしょうけど、なかなかそれもできない現状が日本の今の現状そのものになります。


スポンサードリンク






Updated: 2016年8月11日 — 2:40 午前