便利なミニスーパー

ミニスーパーとは?

東京のスーパーの特徴としてミニスーパーと行った形式のスーパーがあります。

その名のとおり、スーパーのミニバージョンです。

スポンサードリンク




店舗はコンビニと同じくらいの広さになりますが、その違いは生鮮食品です。

スーパーと全く同じ品揃えで必要な商品のみで構成されている為、無駄がありません。

コンビニと違い、肉や野菜が沢山売っていますし、値段も安いです。

ピンポイントで商品を陳列しているため、無駄に広い店内を回る必要がありません。

子供や年配の方にも安心のミニスーパーです。

ミニスーパーはどこにあるの?

ミニスーパーはコンビニが店舗を出しても潰れてしまう様な場所。

でも、スーパーを出店する程のスペースはない場所。必ずこの条件を満たす場所にあります。

ようは、駅の中であったり、タワーマンションが建っている利便性の良い場所ではありません。

スポンサードリンク




若干利便性が悪いため、大きいスーパーに行くくらいなら近くのミニスーパーへいく人が対象です。

その為、頻繁にミニスーパーに行ってしまう方はそういった特性を持っているという事です。

マルエツ系であれば、「マルエツプチ」。イオン系であれば「まいばすけっと」が有名です。

ミニスーパーの弱点

一見、完璧に見えるミニスーパーにも弱点があります。

それは、生魚が売っていない事です。

なぜでしょうか?

全く売れないからです。なぜかミニスーパーでは生魚が売れません。加工した魚も売れません。

肉は売れています。こういった理由があります。

魚を欲しければ、大型スーパーに行って下さいということですね。

あとは混雑時は店内が狭いため、大変な事になります。

関取のお相撲さんが店内に数人いたら、通路が通れなくなるのもミニスーパーです。


スポンサードリンク






Updated: 2015年3月12日 — 11:38 午前