東京都内での熱中症対策|屋外移動中は定期的にコンビニへ

8月になり気温が30度を超えるのが当たり前になる頃には、熱中症で倒れる人が続出する事態になるのは毎年の事なのですが、こちらについては一定の確率で発生するものですから、致し方ないと言えます。

ですけど、事前にそうなる前に基本的な対策をしておけば、日本は気温が50度前後になる海外のような激アツな国ではありませんから、殆どの場合のおいて、事前に防ぐことが可能です。

熱中症を防ぐ方法といえば、水分を補給すること、日陰などで体を冷やす事、直接太陽の強烈な光を浴びない事になるのですが、どれも基本的には誰でも簡単にできることになります。

スポンサードリンク




 

 

熱中症を防ぐ方法を知っていても、それができない事もあるのが日本人。

 

ただし、日中の時間帯において屋外を歩かないといけないような場合などは、簡単な水分補給、体を冷やす、太陽の光りに直接当たらない、と言った基本的な事が容易にできなくなる事があります。

また、仕事中などはスーツを着て暑い中歩かないといけない場合もありますし、日本人の場合は全てにおいて仕事を優先しないといけない人が多いですから、ついつい辛い事とでも我慢してしまい予想していないトラブルに巻き込まれる事もよくあります。

他の国の外国人ならサボってしまう事であっても、日本人の場合はそれが出来ない人が多いですから、それを前提にした場合、同じく無意識で熱中症を防ぐ方法をとっておけば良いという事になります。

スポンサードリンク




その方法は実に簡単ですし、東京ならではの回避方法になります。

 

 

屋外を移動中はコンビニを見かけたら店内に入るようにする。

 

無理をしながら炎天下の中、汗だくになりながら長時間屋外を歩くから、熱中症などのトラブルになる訳なのですけど、日本人は指示を受けたらそちらの方を優先するため、例えば新幹線に乗り遅れたら新幹線に飛びついてでも移動しないといけない人が多いのです。

その結果、自分の体力を超えてしまって、無理をしてしまい、熱中症で倒れてしまう事になる訳ですから、そうなる前に熱中症の対策を自分の意思とは関係なく行う必要があります。

その簡単な方法が、屋外を移動中にコンビニを見たら店内に入る事であり、大きなスーパーなどでも良いのですが、大抵は冷房が強めに設定されていますので、体思いっきり休める事ができます。

また、店内ではドリンクなどもたくさん売られていますので、疲れていれば自然にそれらに手を出す事になりますから、水分補給についてもその場で問題なく行える事になりますからとても便利なのです。

コンビニに入るのは無料ですし、体を休めるのも無料ですから遠慮する必要はありませんが、あまりに汗だくな場合は、タオルなどで汗を拭うか、店内のトイレを借りて着替えれるように着替えを持参しておいたほうが無難です。

東京には至る所にコンビニがあるため、地方ではできないような方法で熱中症の対策を取る事ができますので、暑い夏でもそれらを利用する事により安心して過ごす事ができます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年8月4日 — 6:05 AM