1月3日は肉の半額が多い東京のスーパー|役に立つ代表的な食材が安い日

年末年始の連休期間中というのは、僅か2週間ほどの間にスーパーの店内の模様が大きく何度も入れ替わる珍しい期間であり、その際には短期間でしか需要が無い主に加工食品が沢山売られることになります。

スーパーの売り場の広さは常に一定ですから、大きく食品が入れ替わる際には入れ替えないといけない食品類がごっそり叩き売り状態で半額で売られますので、その際を狙ってスーパーでまとめ買いすると便利です。

ただし、実際に店内にいってみても、確かに沢山の食品類はあるのですけど、購入する必要性があまり無いような食品が圧倒的に多いですから、何かしら工夫をして調理ができる人で無いと、イマイチその半額の恩恵を受けれないことも多々有ります。

スポンサードリンク




あと、まとめ買いをしても、殆どの人がご自宅を長期間離れることになりますので、結局年末年始の大型連休中にどこにもいかない人くらいしか、その恩赦を得ることができないのです。

株と同じ仕組みで需要がなければ安くなり、需要があれば高くなるだけの話ですから安くなるわけですね。

半額セールの恩恵を最も受けることができるのは、大晦日前やクリスマス前にスペースを確保する為に、一般向けの普段から売られている食品がごっそりと撤去される瞬間になるでしょうか?

クリスマス用のケーキとか、大晦日用のそばなどを大量に半額で購入したところで、イマイチメリットが無いと言いますか、まあそんな感じです。

 

1月3日は結構掘り出し物の食品が半額セールになるのでお得です。

 

一般的に年明けの元旦から営業しているスーパー、元旦は休んでいるスーパーなど、そのスーパーによって営業時間や営業日はかなり異なることが多いのですが、大抵は2日の日からは営業を行っています。

その為、3日になると殆どのスーパーが営業をしてるのですが、東京都内にはまだ人が殆ど戻ってきておらず、スーパーに行っても店内はガラガラで普段こんな感じであれば、お店は営業できないな?と思えるくらいの人の少なさなのですね。

スポンサードリンク




その結果どうなるかといえば、人がいないので物があまり売れない為、スーパーも価格を安くしたセールをしたり、そろそろお正月用の食品の半額投げ売りセールも同時に行いますから、結構広い範囲に渡って半額で売れれる食品が多くなります。

この3日くらいからは、生鮮食料品である肉が結構な割合で半額で売られていますから、これでしたらお正月用のあまり使い道が無い食品とは異なり、結構汎用的に調理して食べることができますので便利です。

 

お正月期間中に売られる食品は加工済みの食品出ることが多いのです。

 

元旦、その翌日からスーパーが営業を開始すると必ず生鮮食料品も販売しないといけないのですが、お正月期間中というのは東京都内にかなり人がいなくなっている上に、自分で調理するのではなくて調理した食品を購入する人が多くなります。

その結果どうなるかと言えば、生肉のような食品がかなり売れ残ってしまいますし、この類の食品は賞味期限が2日前後と大変短くて保存がきかない為、最も早く半額投げ売り対象にされるという訳です。

元旦と2日ころにスーパーの売り場に並んでいたお肉を半額で良いので投げ売りしないといけない日程が3日になる訳ですから、この日にスーパーに行くとお肉が普段よりもよりどりみどりで安く買えることが多いのですね。

 

普段よりも人が多くなる地方のスーパーではあまり半額にならない?

 

ただし、地方の場合はこの状況に当てはまらないところの方が多いでしょうから、普段沢山の人がいるのに年末年始は人が殆どいなくなる東京だからこそ、このような恩赦にありつけるのかもしれませんね。

本日の3日は、汎用性のある食品からお正月限定の食品まで幅広く半額で叩き売りされているでしょうから、お近くのスーパーに行ってみると良いでしょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年1月3日 — 8:36 AM