都内で野菜を安く購入したい時はマルエツへ|火曜日限定

東京で生活をしていると家賃と駐車場代以外は地方よりもかなり物価がやすいことは実際に生活をしていればよく分かるのですけど、それでもなるべく節約はしたいと思うものです。

ただ、食料品に関してはお米を筆頭にして、いくら節約をしても毎月それなりのコストがかかりますから、収入が上がらない人の場合はやはり節約にも限度があるわけなのです。

 

食料品で意外にお金がかかるのが野菜です・・・。

スポンサードリンク




 

食料品の中でも意外にコストがかかるのが野菜であり、スーパーに行ってみればわかりますけど、増税の関係もあり大根1本購入するにしてもそれなりの費用がかかりますし、カレー用に一式購入した場合は1000円以上かかることなどザラにあります。

だからと言ってレトルトカレーでは、あまり美味しくないですし栄養的な問題もありますから、カレーを作るのであればバーモンドカレーのルーを購入してきて自分で野菜と肉を使って調理したほうが良い訳ですね。

カレーの調理はとても簡単ですから、誰でも簡単に作れるのですけど、調理以前に野菜が高すぎてカレーを作る戦意が喪失してしまっては、そこから先に進むことはできない訳なのです。

野菜を食べなければコストはより安くなるのですけど、野菜が野菜を食べないと栄養バランス的な問題もありますから、なるべく栄養価の高い野菜をある程度は食べておかないと健康になれませんからね。

そんな時に野菜を安く買うにはどうしたら良いのか?といえば・・・・。

スポンサードリンク




 

都内なら火曜日にマルエツが異常に安く販売していることがあります。

 

ご存知、都内でお手軽に食料品が購入できるスーパーとしてマルエツがあるのですけど、普段は野菜もあまり安くなくて、正直な所、イオンよりも割高な印象があるのがマルエツなのです。

しかし、このマルエツ、セールをする際には他のどのスーパーよりも食料品が安くなっていることがあり、お米も安定して半額で販売しているのもマルエツ位ですし、そのように安売りをしている時に行けば、かなり安く食料品を購入することができます。

いつ安くなっているかは大抵連休の前後とかなのですけど、毎週火曜日何とかセール?火曜市はイオンだったかな?、とにかく、イオンとかマルエツとか、どのような理由でセールをしているのか分かりませんが、一斉にセールを行っています。

まあ、火曜日のセール時に必ず野菜が極端に安くなっている訳ではありませんけど、大抵はこの日にマルエツに行けば、他の都内のどのスーパーよりも安く購入する事ができますし、マルエツはどこにでもありますから、地域限定の話でもありません。

とりあえず、野菜が必要な場合は火曜日にマルエツに行ってみて、かなり安くなっているのであれば、1週間分くらいまとめて購入しておくのも良いかもしれません。

ごぼう100円、大根100円、新玉ねぎ4こ100円、人参大2本100円、今の増税時代にこの金額で野菜を購入するのはかなり難しくなっているのですが、マルエツに行けば、結構普通に安くなっているのでお勧めです。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年5月20日 — 7:44 AM