選手村中古マンション晴海フラッグは本当に人気?

最近、また東京オリンピックの選手村として使われた後、晴海フラッグとして一般販売される予定の中古マンションについて、内覧者が大変多く、大人気だとの報道が頻繁にされているようですが、これ、付近の人たちは??っ状態なので、ステマでしょうか?

晴海フラッグに住むと最寄り駅は勝どき駅になるのでは?と思うんですが、晴海フラッグは見た目は軍艦島としか思えませんし、騒音や夜間でも照明が眩しい晴海埠頭に直結しているマンションですから、お世辞にも環境は良いとは言えないというか最悪です。

更には周辺にはとても待ち時間が長い信号と、巨大な横断歩道に囲まれているので、勝どき駅に移動するだけでもしんどいでしょうし、駐車場も殆ど用意されていないようですから、いまさらこんな中古物件が人気?ってのは地元の人からすれば不自然です。

スポンサードリンク




 

 

選手村中古マンション晴海フラッグは本当に人気?

 

基本的に日本国内で報道されるニュースやドキュメンタリー番組ですが、不動産関係は殆どがステマやヤラセ、それ自体が宣伝番組、宣伝記事だと認識しておいたほうがよく数年前にもシェアハウスが大人気と一斉にメディアが報道をした時期がありました。

その結果、東京ではシェアハウスがが大人気と錯覚してしまった人も多く、一億円クラスの支払不能としか思えない、借金を銀行からしてしまい、肝心のシェアハウスには入居者が全く来なく、それで破産をしてしまった人が沢山出てしまうことになりました。

東京に住んでいるとか、晴海フラッグの近く、最寄り駅の勝どき駅近くのマンションに住んでいる人からすれば、晴海フラッグが5000万円、1億円?そんなもん誰が買うの?、あれ刑務所じゃないの?って感じで、首をかしげる人しか居ないのが現実です。

スポンサードリンク




 

 

不動産関係のステマや営業に騙されると悲惨です。

 

基本的に、不動産投資は損切りが難しいので、素人では扱えない類の投資ですし、都内には作りすぎたタワーマンションの部屋が余りまくっている状態で、東京オリンピック以降、更に余ってしまって、将来的には負債になるタワーマンションも多い状態です。

晴海フラッグに資産的な価値があり、購入後に売却をすると、より高く売れる自信があるとか、根拠があるなら積極的に購入しても良いと思いますし、豪華客船が好きで頻繁に飛鳥2等に乗る人は、セカンドハウスとしては最高の立地条件だとは思います。

そういった人は、お金が有り余っている人ですから、晴海フラッグに資産性を求めているのではなく、セカンドハウスや何処かの間抜けに売り抜ける予定とかなら良いのでしょうけど、資産性を求めて晴海フラッグをフルローン等で買うのはお勧め出来ません。

 

 

勝どき駅前に住んでいる人なら笑っている物件。

 

多額の税金が使われて、当初の3000億円を遥かに超えて、3兆円の税金が使われると言われている東京オリンピックですから、そこからマスコミ等に多額のお金が流れてステマや宣伝記事を書いているのかもしれませんが、現地の人の話が一番信用できます。

晴海フラッグの最寄り駅になるであろう、勝どき駅周辺のそれなりのマンションに住んでいる人と話をしても、晴海フラッグなんか買うのは情報弱者しかいないとか、あんなマンション、タダでも絶対にいらないって誰一人興味を持っていない現実があります。

無理やり価格を1億円にしている晴海フラッグの部屋をタダでもらっても、固定資産税や数年後に跳ね上がる管理費など、それなりの維持費がかかりますし、将来売れなさそうな不動産を購入しても負債にしかならないので、地元の人は全く興味なしです。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年7月25日 — 3:33 PM