タワーズ台場のOKストアから惣菜が消えた理由

お台場内で陸の孤島状態だった地域唯一の分譲マンション、タワーズ台場ですが、以前は目の前の横断歩道の信号が最悪で待ち時間も長かったんですが、最近は付近の横断歩道の信号が全て同時に切り替わるようになったので、利便性が本当に良くなりました。

そして、フェニックスって秋刀魚の蒲焼の缶詰が500円とか、なにこれ?ってくらいの割高なブランド食品を売っていたスーパーが撤退した後にOKストアって激安スーパーがタワーズ台場のテナントに入ってきたので、付近のマルエツがピンチになりました。

OKストアがテナントに入ってからは鮮魚コーナーを除く、すべての食品が信じられないくらいの格安で、特に惣菜コーナーはカツ丼が300円、その他もそれくらい、30cm位のピザが500円だったので、昼間は大人気で売り切れ続出する位だったのです。

スポンサードリンク




 

 

タワーズ台場のOKストアから惣菜が消えた理由。

 

いつも、大人気のOKストアの惣菜コーナーだったんですが、つい最近、惣菜コーナーがガラガラになっていて、気になって売り場を見てみた所、なんでも、深刻な人材不足により、惣菜を提供できないので、ごめんなさいって書かれていたので、驚きました。

何があったのか分かりませんが、ここは時給もそれほど悪くないので、アルバイトとしてもよいとは思うんですが、店内のレジのパートの人も頻繁に入れ替わっているようで、もしかしたら地雷的な正社員がいて、それが原因でパートが辞めてしまうとか?

最所は日本語だけで人材不足により・・・、お惣菜が作れませんって張り紙が貼り付けられていたんですが、その後に英語でも同じ内容の張り紙が貼られていたので、外国の人からもクレームが来たのか?、これ、機会損失相当すごいと思うんですが・・。

スポンサードリンク




 

 

カツ丼300円は偉大な惣菜であることを再認識した。

 

再開は未定で、深刻な人材不足によりいつもの惣菜は提供できません、外注から仕入れた惣菜だけになりますが、ごめんなさいって状態なので、いつもの300円のカツ丼もないですし、150円のチキンカツも無いのですが、OKストアのカツ丼って偉大ですね。

これが300円???って最所は見て驚いて、どうせまずいパチモンの中国の日本料理店で食べたような、ゴムみたいな剛性肉カツ丼だろうって思っていたら、普通にカツ丼で、レンジで暖めると、普通に美味しかったので驚いたのですが、本当に安いです。

普段、付近のオフィスの人たちだと思うんですが、集団でOKストアに弁当を買いに来ていて、13時前に行くと、惣菜弁当が全て売り切れてしまっていた・・・ってくらいの状態なっていましたから、付近のオフィスの人たちも突然で困っているのでは?

 

 

OKストアがタワーズ台場から撤退したら困る人多そう。

 

タワーズ台場の分譲が始まったときには、フェニックスってスーパーがテナントに入っていたんですが、このフェニックスは兎に角高級志向で、名前は忘れてしまいましたが、ラトゥール代官山の近くにある高級スーパーみたいな感じでどれも高かったです。

多分、マーケティングのミスっていうか、台場地区はスーパーが少なく、民家もなく、家賃も15万円から100万円位の、一応、それなりの収入がある人がいるので、高級志向で行くって決めたのかもしれませんが、実は殆どが庶民の集まりなのがお台場です。

ですから、サンマの缶詰1個500円とか、オレンジジュース500円とか、近くのマルエツの5倍位の相場で食品が売られていても、誰も買いませんし、代官山付近の感覚で高級路線で行くよりも、最所からOKストアの激安路線で行ったほうが良かった訳です。

今回の、OKストアの深刻な人材不足でお惣菜が提供できませんってなったり、店内のパートの人が頻繁に入れ替わったりしているのを見ていると、責任者が相当やばい人であるとか、そういった理由で、タワーズ台場から撤退されると本当に困ります。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年8月9日 — 5:19 PM