埼玉県は暑すぎて湿度も高く水もカルキ臭い?

日本全国で猛暑が続いていて、毎日、熱中症で多くの人が救急車で運ばれていますし、熱中症で死亡する人も増えていますが、埼玉県では自宅で寝ていた20代の男性が熱中症でお亡くなりになってしまったようで、今年も本当に猛暑なので大変な夏です。

普通、熱中症と言えば、60代以上で自分の体温や体力の調整が出来なくなった高齢者が倒れたり、死亡したりすることが殆どなのですが、埼玉県では20代の男性が自宅で熱中症で死亡する位ですから、エアコンを付けずに自宅で寝ているだけで危険な状態。

実際、埼玉県の友人の自宅に遊びに行ってみたんですが、都内23区内なら暑いだけで住んでいても、埼玉県は更に蒸し暑く、湿度も高く、蚊も沢山いてあちこち刺されてしましたし、友人も埼玉県は盆地で海もないのでいつも夏はこうなのよーと苦笑です。

スポンサードリンク




 

 

埼玉県は暑すぎて湿度も高く水もカルキ臭い?

 

実際、埼玉県は本当に暑くて、確か熊谷辺りは日本でも最も暑くなる地区だと思うんですけど、海がないし、盆地なので夏場は蒸し暑くなるって友人の話を聞いていると、冗談なのか?、昔からの言い伝えなのか?、いずれにせよ実際に物凄く暑いのが特徴。

埼玉県は家賃は家賃は安いですし、埼京線や京浜東北線を使えば、都内まで高速に移動できますから、通勤にも最適なベッドタウンなんですけど、夏場のこの暑さ、人の多さ、道路の渋滞の酷さを考えると、可能な限り、都内に住んだほうが良さそうです。

水道水がカルキ臭いというか、なにこれ?って匂いで、友人の家のシャワーを使うと中国のホテルのシャワーを使っているような体験ができましたので、中国の水道水に慣れている人でしたら、それよりかは幾分マシなのですが、日本人だとどうでしょう?

スポンサードリンク




 

 

東京ミッドタウンレジデンスが最高かもしれない?

 

夏場でいくら猛暑になっても、自宅で仕事ができる人であれば、地下通路でマンションと商業施設が結合している東京ミッドタウンみたいなマンションが最高なのかもしれませんが、家賃が高すぎて普通の人では審査も通過しないので、現実はかなり厳しい。

東京ミッドタウンレジデンスにも行ったことがありますが、兎に角、超高級マンションなので内廊下で空調も完全に管理されていて、六本木駅とも直結していますし、地下には空調完備の通路と商業施設がありますから、引きこもりには最適な環境ですね。

埼玉県にはそのような高級物件はなく、マンションよりも一戸建ての方が駐車場もセットで家賃は8万円以下で一戸建て住宅を借りることが出来ますし、車で移動する人、自宅内で仕事ができる人なら低コストで生活が出来るので、人によってはこれも便利。

 

 

暑さと湿度はエアコンで対策できてもカルキ臭は?

 

埼玉県でも、自宅から出ない人であれば、エアコンで暑さも湿度も対策が出来るんですけど、流石にカルキ臭だけはどうにもならないですし、物件の内覧時には水道は全く出ないのが普通ですから、引っ越した後に、風呂やシャワーの問題が発生したりします。

キッチンの水道でしたら、浄水器を取り付ければ、それで対策が行なえますし、飲料水なら沸騰させてお茶でも沸かせばカルキ臭は消えますから、そちらも全く問題が無いのですが、流石に風呂やシャワーについては、どうすることも出来ないのが問題です。

特に地方で水がきれいな地域で子供の頃から育っている人の場合、埼玉県のカルキ臭が耐えれないって人もいると思いますし、私は全く駄目だったので、物件を決める前に、水道水のカルキ臭について、よく確認をして、暑さと湿度の高さにも注意しましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年8月11日 — 5:33 PM